2014年07月05日

水はなんにも言わないからこそ、自分で調べてみよう

7月に入りまして、店頭では小学生のお子様の姿が増えてまいりました。
夏と言えば夏休み。
夏休みと言えば工作の宿題or自由研究。
シリコンハウスではキットに書籍とその手のネタを豊富にそろえてございます。

と言うわけで本日は。
自由研究にもってこいな学研のキット付書籍の紹介でございます。

背景の絵もなかなか素敵

学研科学脳シリーズ第五弾『水質調査キット』でございます。

人体の60%は水でできていると言われています。
人体だけでなく生き物にとって水は生きて行く上で絶対に必要なものです。
この『水質調査キット』は普段私たちが身近に接している水に付いて知ることが出来るキットつきの書籍でございます。

付属キットで出来る実験は5種類。

5種類実験で遊んでみよう

 1.水のろ過実験
 2.水質浄化剤による水の浄化実験
 3.飲料水のカルキ検出実験
 4.雨水などの酸・アルカリ判定実験
 5.水の透明度測定実験
以上5種類。
水道水だけでなく自然にある水を使っての実験もあり、幅広く研究する事ができます。

中身はフルカラーで図解も多く、小学生のお子様に最適な紙面になっています。
上・下水道の仕組みや浄水場の役割などがわかりやすく解説されております。

また、自由研究用にレポートの書き方も載せられており、まさに夏休みの自由研究にピッタリな実験キットとなっております。

レポートの書き方も丁寧に解説してくれてます

気になるお値段は1944円。
例えばアウトドアへ出かけたときにそこの水質を調査してみたり、別に遠出をしなくても自分の家と学校の水を比べてみたりと身近なところで比較実験をしてみても面白いかと思います。
他にもジュースをろ過してみたり、色々な飲み物のph値を測定してみたりと楽しみ方は色々です。
ぜひお子様が楽しんで研究できるようサポートしてあげてくださいませ。

科学脳シリーズは今の季節超オススメです

・学研 科学脳シリーズ 水質調査キット ¥1944-

<記事:伊東>

トラックバックURL