ナイスカップリングRAPIRO製作日誌 番外編 知っておいて頂きたいこと編

2014年09月18日

関係ないですがRTSは苦手です。

こんにちは。
本日の新商品はこちら!
RTC

seeed studio
Miniリアルタイムクロックモジュール
(型番:800116001)
店頭販売価格:¥810-(税込)

1円玉の影に隠れてしまうくらい小さなRTCモジュールです!
1円と共に

電源電圧は3.3Vもしくは5V、インターフェースはI2Cです。

ピン配列はこんな感じです。
RTCモジュール背面

ピン配置

もうI2Cで通信するためだけの引き回しですね。
載ってるIC自体には他にも色々機能があるので、なんとも贅沢な使い方です。

で、このモジュール、普通にお手持ちのマイコンに繋げてもいいのですが、ヘッダソケットが少しじゃまになることがあるかもしれません。
勿論このままじゃブレッドボードにも刺さりません。

何故ヘッダソケットが実装済みなのかといいますと、こんな風に使うことを想定して作られてるから。
Piに挿すと

はい、RaspberryPiに直接挿すことが出来ます!(写真はB+を使ってますがA、Bでも問題なしです)

RaspberryPiにサクッとRTCを導入したい方に特にオススメなコチラの商品はシリコンハウス2Fで好評発売中です。

<記事:2F平田>

siliconhouse at 17:00│TrackBack(0)2階売り場情報 

トラックバックURL

ナイスカップリングRAPIRO製作日誌 番外編 知っておいて頂きたいこと編