意外と広いハンダの世界安心のタミヤセレクション

2015年01月23日

簡単便利な人感センサースイッチ

防犯意識の高まりと共に需要が増えてきたもの。
それは『人感センサー』でございます。
人が来たらライトが光る、音楽が鳴るなど、人の接近を知らせるための機器の問い合わせが増えております。
しかしシリコンハウスでは『人体感知センサーキット』など、工作キットとしての『人感センサー』は取り扱いがあったのですが、工作をせずに使えるセンサーは持っていませんでした。
慣れない人にしてみればハンダを使って工作して、と言うのはなかなか敷居が高いようで、結局はホームセンターなどで販売している既製品を購入する場合が多いとのことでした。

と言う訳で本日は。
キットほど難しくなく、既製品よりも自由度の高い『人感センサー』を紹介いたします。

期待の新商品です

・人体感知センサースイッチ
 センサー種類:赤外線センサー
 定格:DC12〜24V、最大8Aまで
 ON時間:センサー感知から感知終了後約10秒間
 販売価格:1980円

店頭でも大人気の単色用LED DIMMERと同じボディの赤外線人感センサーでございます。

本体もそれほど大きくない

真ん中のセンサーで人や物の動きを感知し、電源をONにするスイッチです。

四角いので設置もしやすい

定格電圧はDC12V〜24V。その範囲の電圧の機器であれば使用できます。
例えばDC12Vで点灯するライトなどを繋いでおけば、センサーが動きを感知すればライトが光る、と言うように使えるわけです。

配線は端子台にネジ留め式になっておりますので、電線の被服を剥くためのニッパーやカッターと小さ目のマイナスドライバーがあれば簡単に配線ができます。

接続も簡単なネジ留め式

電源のON時間はセンサー感知から感知終了後約10秒まで。
つまり動きを感知してから感知しなくなった後約10秒後まで電源をONにします。
具体的に言えば何かの動きを1分間感知していたとすれば、1分+10秒間電源がONになるという具合です。

ではここで店頭のデモ品の動きを見ていただきましょう。



2回目の点灯時、カメラのフレーム外で手を動かしてみましたがちゃんと反応しております。
こちらの実験では、シリコンハウスの1階売場天井(高さ2.8m)にセンサーを配置したところ、床面の半径約3mの範囲にはいるとセンサーが反応しておりました。センサーの感知距離まで調べられておりませんが、少なくとも狭い室内や玄関先などでは充分効果を発揮すると思われます。

配線するだけで簡単に使える『人体感知センサースイッチ』。
お店の入口に付けておけばお客様の到来を知らせてくれますし、お化け屋敷などのギミック用スイッチにすれば自動で人を驚かせる事もできます。
色々と応用範囲の広いセンサースイッチでございます。

デモ品はセンサーに筒をつけて反応範囲を狭くしてます

<記事:伊東>

siliconhouse at 18:34│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

意外と広いハンダの世界安心のタミヤセレクション