警笛の鳴らない『警笛三輪車』“銀入り”導電性接着剤

2015年02月05日

簡単交換ダイスの先端

先日エンジニアのダイス交換式精密圧着ペンチ『PAD』シリーズの紹介をした時に、最初に書いた記事にリンクを張りました。
その記事の中で『ダイス交換に関してはまた日を改めて紹介する』とか書いたのですが、それっきりダイス交換に関する記事を書いていないことにその時気がつきました。

と言う訳でで本日は。
『PAD』シリーズのダイス交換について見て行きたいと思います。

圧着工具のダイス交換といえば真っ先に浮かぶのが同軸コネクタ用の圧着工具。

ダイス交換といえばコレ

ネジを外して付替えてって結構手間なんですよねぇ。
ダイスがちゃんと噛み合う様にセットしないとって気を使いますし。
しかしこの『PAD』シリーズはそんな今までのダイス交換の常識を覆すほど簡単なのでございます!

ではでは早速手順を見て行きましょう。
まず本体と交換したいダイス、本体に付属している六角レンチを用意します。

六角レンチは本体に付属

この六角レンチでダイスの四隅に付いたネジを緩めて交換するのですが、
最初はネジが硬いです
コレまでのダイス交換式圧着ペンチと大きく違うのは『ネジを緩めるだけで交換が出来る』と言う点。
付属の六角レンチでネジを1周ほど回せば、ダイス交換に充分なくらいネジが緩みます。

少しネジが浮く程度でOK

この状態で工具を開けば・・・

ポロッと取れるので落とさないように注意

ポロリとダイスが外れます。
もう片方も同じように1周くらいネジを回してやればダイスが外れます。

簡単に外れました

これで取り外しは完了です。
次に取り付けたいダイスをネジと本体の間に差し込むようにセットし、軽く本体を閉めてダイスが落ちないようにします。

本体を閉じておくとダイスが落ちない


その後でダイスがちゃんと噛んでいるか調整してネジを締めます。
ダイスの圧着しない部分の突起が噛み合せがずれるのを防止してくれておりまして、それほど神経質にならずともキレイにセットする事が出来ます。

多少ずれててもネジを締めればしっくり来る

これでダイス交換は終了です。

簡単交換完了。

慣れてしまえば十数秒で完了するお手軽さ。
これならコンタクトピンに合わせてダイスを替えるのも苦ではありませんね。

ダイス交換の方式も新機軸な『PAD』シリーズ。おススメでございます。

3階でも置いてます

<記事:伊東>

トラックバックURL

警笛の鳴らない『警笛三輪車』“銀入り”導電性接着剤