スペアナ用バンドパスフィルタがスポット入荷!ドリラーの道も一歩から

2015年05月19日

曲げてひねって、柔軟なラズパイ用GPIOケーブル

ラズパイことRaspberry Piですが、書籍などもたくさんあるおかげか、
GPIOにあれこれ繋いで電子工作って方が非常に多いと感じます。

GPIOと各種基板やブレッドボードへの接続には、ジャンプワイヤでバラ接続するか、
40ピンor26ピンのフラットケーブルで行うのが主流です。
でも後者のフラットケーブル接続ですが、ケーブルそのものが結構固く、
ケーブルに基板が持ち上げられてしまったり、取り回しの不便さにイライラすることも。
ってことで、シリコンハウスオリジナルでケーブルをこさえてみました。

GPIO_CF_S1
シリコンハウスオリジナル Raspberry Pi用GPIOケーブル 40ピン カラースダレバージョン
販売価格:560円(税込)


GPIO_CF_S2GPIO_CF_S3

10cm間隔でバラバラのスダレ状になっているケーブルを使用、
非常に柔らかく曲げも行いやすくなっています。
長さは約30cmと従来品の倍となり、より多種な用途にご利用頂けるかと思います。

柔らかいだけでなく、抵抗のカラーコードと同じ10色のカラフルなケーブルなので、
ラズパイのドレスアップ(?)にもいかがでしょうか。

<担当:入江>

siliconhouse at 22:44│TrackBack(0)2階売り場情報 

トラックバックURL

スペアナ用バンドパスフィルタがスポット入荷!ドリラーの道も一歩から