曲げてひねって、柔軟なラズパイ用GPIOケーブルヘッドフォンアンプの試聴コーナーできました。

2015年05月21日

ドリラーの道も一歩から

やっぱり皆さん、ドリルが好きなんですね!!

と言う訳で本日は。
ツイッターで紹介したら結構反応があったドリル本の紹介でございます。

タイトルもそそるよね!

技術評論社『DIYの腕前がみるみる上達する 電動ドリルの職人技(高橋 甫:著)』でございます。
この本は電動ドリルとか電動ドライバーと呼ばれる工具に特化した解説書でございます。
ドリルの種類から始まり使い方の基本や使いこなしの技など、入門者向けに詳しく書かれた内容でございます。

大まかな章立て目次

まずドライバーの種類として『ドライバードリル』『インパクトドライバー』『電動ドリル』と3種類に分類して解説が始まります。

用途に合わせてドリルを選ぼう

それぞれの特徴、用途、注意点などを実際に販売されているドリルも紹介しながら解説されております。
実機の紹介部分では確認するべきスペックが書かれているので、その辺を参考にすればいざ自分でドリルを選ぶときでも困ることが少なくなると思います。

使い方の基本部分ではドリルの刃の部分、ビットについても解説がされております。

基本操作はこれでバッチリ

どういった材料にどういったビットを選ぶか、あんまり気にしてなかった人も多いんじゃないでしょうか。
適材適所のビットでどう穴あけをするかなど実践的なところも解説されております。
このほかドリルの操作方法や持ち方、動かし方など今までドリルに触れたことが無い人にも安心の解説がされており、初心者には嬉しい内容となっております。

最後の方では更に綺麗に穴を開けるべく、治具などを使った便利技が紹介されております。

色々な技を駆使して理想の穴あけを

『初心者向け』『中級者向け』など掲載されているTipsの難易度も書かれているのはありがたい配慮です。

気になるお値段は2030円。
初心者向けのドリル専門書と言う今までありそうでなかなか無かった書籍。
本格的な工作に穴あけ作業は欠かせません。
ハンダゴテは慣れているけどドリルはあんまり触った事が無い人はもちろん、今まで仕事で使ってたけど基本的なことって考えたこと無かったなぁと言う人など色々なドリラーの方にオススメの1冊でございます。

なんだかんだでドリルはヒルティが最強

・技術評論社 DIYの腕前がみるみる上達する 電動ドリルの職人技 高橋 甫:著 ¥2030-

<記事:伊東>

siliconhouse at 19:05│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

曲げてひねって、柔軟なラズパイ用GPIOケーブルヘッドフォンアンプの試聴コーナーできました。