2015年05月30日

部品交換の中心は・・・ここね♪ \ダヨネー!/

問題です。

おぼえてい〜ます〜か〜♪

裏表紙のそでに書かれた『フラックスの香りを覚えていますか?』と言う脳髄の深いところにグッと来るフレーズが書かれたこの書籍。
いったい何の本でしょうか!





正解は・・・

まるごとコンデンサー本

秀和システム『なぜコンデンサーは最初に壊れるのか(城山敏郎:著)』でございます。
なんと言うか最近流行の新書みたいなタイトルの本ですが、その辺の新書の様に単純にキャッチーなタイトルにしたと言う訳ではございません。
そう、この本は最初から最後までコンデンサーの本なのでございます。

とにかくコンデンサーな章立て『コンデンサー』という単語が大量に・・・

コンデンサーはコンデンサーでも音響機器に関わるコンデンサーに特化された本でございまして、『コンデンサーを変えると音質は変るのか』という命題に真正面から取り組んだ意欲的な内容なのでございます。

中身は黒と青の2色刷り。

読みやすく判りやすい良書です

図や写真も豊富で初心者でも分かりやすい内容になっております。
コンデンサーの種類から役割など基本的な知識を始め、交換するための工具や手順など実践的なことまで網羅されております。
まぁ内容が想像しにくいかとは思いますが、表紙そでに書かれたこの問題が判らない人、答えが知りたい人は必読でございます。

種類も多いコンデンサーは交換にも悩みが多いもの

気になるお値段は2052円。
オーディオアンプなどでコンデンサーを変えてみるというのは改造の第一歩でございます。
表紙にも書かれていますが、コンデンサーをコストではなく品質重視で選択すれば、性能も寿命も向上します。
先日紹介しました医療用のACアダプタでも日本メーカーのコンデンサーを使っていることを売りの一つにしているくらいです。
ニッチと言うかローカルな内容と言えなくもありませんが、広くて深いオーディオの世界の、更に深いところに踏み出す手引きとしてオススメの良書でございます。

いろんな本があるもんです。

・秀和システム 趣味の電子工作再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか 城山敏郎:著 ¥2052-

<記事:伊東>

トラックバックURL