BEEP!IchigoJamオーディオ向け電解コンデンサに新顔登場!

2015年06月08日

ニキシー管の時計が作れます!

IN-14-1
赤フグ
IN-14
ニキシモジュラー時計
¥21,000_

レトロ感漂うキットが登場。
見かけはレトロでも中身はマイコンを使ったしっかりした回路になってます。
アラーム機能、12/24時間表示切替などができます。
9V駆動でACアダプターが付属しています。

当商品はハンダ付けキットです。
ハンダコテが必要なのはもちろん、作業中に電圧チェックするところがあるので、 テスターも必要となります。
失敗無く完璧に作れるなら電圧チェックも不要なのでしょうが、
本商品は180Vを出すので、やはりテスターでチェックするべきです。

赤フグのキットの特徴は紙の説明書が無く、Webサイトを見て作る仕様になってます。
カラー写真で分かり易い利点があります。
ただ、説明は少し至らない部分も有り、ユーザーのちょっとした「推理力」が試される箇所もあります。

例えば、
 •1x 390.0kΩ (橙白黄) 抵抗(R9)
5%誤差の表記で書かれてますが、
実際に入ってるのは
IN-14-RES2
(橙白黒橙)
1%誤差の抵抗が入ってたりします。
赤フグキットはこのように生産時期によって部品が違う事がままあるので、
時折りちょっとした「推理力」を働かせて作りましょう。

この様に小さい問題はありますが、
webサイトの説明は総じて親切です。
 ・「ステップ何番:電源」など段階毎に解説
 ・コンデンサの極性あり、無しの説明
 ・「長い方の足を基板の四角い穴に差す」などの指示
など、作る人を意識したマニュアルになってます。

IN-14-buhin メインボード。
部品点数としては著しく多い、ということもないです。
この上にニキシー管ボードを差します。
ニキシー管は1管に付き13本の端子が出ていて、
ハンダ付けに少々時間がかかります。

私は休み休みで作ったので6時間くらいかかりましたが、
実質の作業時間は3時間はかからないと思います。

N-14-akuri 不透明なケースではなく、
透明なアクリルベースを使ってるあたり、
デザインにも配慮されてます。

明るい所でもきれいですが、
やはり、暗いところで浮かび上がる様がより綺麗に映えます。
IN-14-kura
真ん中のネオン管も良いアクセントになってます。

作り上げる電子工作の喜びが得られる事もさることながら、
完成したニキシー管は時計としてそのまま使え、
生活空間に彩りを与えてくれる優れたキットになってます。

(担当:小川)

siliconhouse at 13:45│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 名無し   2016年05月24日 15:35
5 こちら、Nixi Tubeの時計に興味あります。
オリジナル版の完成品を購入したいのですが、販売されておりますでしょうか?
BEEP!IchigoJamオーディオ向け電解コンデンサに新顔登場!