ジャムを乗せて美味しくいただきます第2種電気工事士技能試験にはこの工具セット

2015年07月10日

さぁ、お前の××を数えろ!

何故だか詳しくは知らないのですが、いつの頃からか『カウンターキット』と言うのを見なくなりました。
例えばイベントごとや文化祭シーズンなどでは入場者をカウントしたいとか、来場者に何かしてもらってその数をカウントしたいと言った用途で需要はあるんですが、オススメできるキットが無かったんですね。

と言う訳で本日は。
以前から散々要望を出していてようやく発売に至ったカウンターキットの紹介でございます。

待望のカウンターキット

ワンダーキットの電子カウンター『GCN-TR01』でございます。
トリガー入力、またはオープンコレクタ入力で数をカウントしてくれるわかりやすいカウンターキット。
もちろんカウントはアップもダウンもどちらもできます。
さらにリレーも付いていますので設定したカウント数でリレーの接点をONにする事ができ、この電子カウンターひとつでちょっとしたギミックをつけることが可能です。

基板の大きさは70×55mmと小ぶりで、装置の中に組み込むのも容易です。

コンパクトで組込にも便利

配線は全て端子台で行なえ、そもそも基板完成品なのではんだ付けは一切必要有りません。

全部ネジ留めで楽ちん

端子は左から電源入力(DC5〜9V)、カウント入力端子、カウントリセット(クリア)端子と並び、スペースを空けてリレーの端子が付いております。
リレー端子はノーマルクローズ、ノーマルオープン両方ありますので、設定カウントで機器をONにするもOFFにするも自在でございます。
リレーの動作時間は0.1秒から99.9秒まで選べます。もちろん動作しっぱなしにすることも出来ますので設定カウントに達したら以後は動作しっぱなしという事も出来ます。

その辺の設定は基板横のタクトスイッチで行なえます。

設定ボタン

詳しくは説明書をご覧下さい。

ではここで。
店頭に設置したデモ機をごらん頂きましょう。
このデモ機はプッシュスイッチを押してカウントをアップさせ、カウントが10になったらリレーが動作しっぱなしになるように設定しております。



はい、判りやすくマイコンキットドットコムの花火アニメーションキット『MK-608』をつないで見ました。
カウントが設定値に達すると花火キットが動作して花火が上がる、リセットボタンを押すとカウントがゼロに戻るから花火も止まる、といった仕掛けでございます。
やってることは花火キットの電源を電子カウンターのリレー出力に繋いだだけととても簡単。
使いやすいカウンターユニットでございます。
なお、動画は諸事情により音声は入れておりませんが、カウントボタン、リセットボタンを押すたびに基板上のブザーからプ、プ、と音が出ると言う細かい仕掛けもございます。

気になるお値段は4320円。
お高いようにも思えますが、タイマー機能にリレーまで付いていたり、7セグの出力をUARTで出力できたりと機能満載ですので、けしてお高くはないんじゃないかと思います。
カウントアップにカウントダウン。イベントごとには欠かせない要素でございます。
手軽にカウントしたいときにはこの電子カウンター『GCN-TR01』がおすすめでございます。

遊んでみてね!

・ワンダーキット 電子カウンター(基板完成品) GCN-TR01 ¥4320-
 メーカーサイト:http://prod.kyohritsu.com/GCN-TR01.html

<記事:伊東>
通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
電子カウンター【基板完成品】 / GCN-TR01


siliconhouse at 20:26│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

ジャムを乗せて美味しくいただきます第2種電気工事士技能試験にはこの工具セット