2015年07月26日

夏休みの工作に迷ったら

いやぁ、昨日今日と太陽仕事しすぎでしたね!
シリコンハウスは西日がすごいんで夕方干からびてカスカスになるかと思いましたよ。
しかしそんなお日様も夏休みの工作にとっては強い味方でございます。
夏休みに入ってから工作用にと太陽電池を求める声も高まってきておりまして、夏休みに突入したお子様の工作熱は最初からクライマックスな感じでございます。

と言う訳で本日は。
具体的に太陽電池を使って何をしようかとお悩みの方にオススメのキットを紹介いたします。

今年の一押し

共立プロダクツのソーラーギアボックスキット『KP-SGBK01』でございます。
こちらのキットは小型のソーラーパネルにソーラーモーター、ギヤボックスのキットがセットになっております。

セット内容

組立て説明書は英語ですが、共立プロダクツで作成しました簡単な日本語マニュアルが付いているので安心です。
まぁ英語が読めなくても説明書のイラストだけで組めるほど簡単な作りですのでそれほど苦労もしないんじゃないかと思います。

作れるギヤ比は2種類。

ギヤ比

『1:58』と『1:210』でございます。
ギヤ比と言うのは簡単に言えばモーターが何回まわればシャフトが1回転するかを表した数字でございます。
例えばシャフトにタイヤを付けたとして、ギヤ比が『1:58』の場合、モーターが58回まわるとタイヤが1回まわる事になります。
つまりギヤ比が小さい(左右の数字の差が小さい)ほどシャフトの回転が速く、ギヤ比が大きいほど回転は遅いがまわす力が大きくなるのです。

素組みの状態はこんな感じ。

完成

本体ははタミヤのギヤボックスと同じようにプラモデルの様に組み立てるだけ。
モーターは本体のお尻から突っ込む感じになってまして、なかなかユニークな作りになってます。

モーターは最後に突っ込む

せっかくなので共立プロダクツ作成しました組立て方の動画を見ていただきましょう。



まぁホント簡単です。
プラモデルを何個か作ったことがある人でしたら10分もかからないんじゃないかと思います。

しかしまぁ簡素な本体でございまして、この状態で完成図を想像するのはけっこう大変かと思います。
実際にはシャフトの両端に付属のアームを付けて仕事をさせるのですが。

付属アームは3種類

何をさせようか悩んじゃいますね。
ではここで、共立プロダクツが作りましたデモ機の動画を見ていただきましょう。



ギヤボックスといえば車でございます。
つくり方については共立プロダクツのブログをご覧下さい。

気になるお値段は1296円。
あくまでギヤボックスは心臓部でございまして、ここにどういった肉付けをするかが腕の見せ所でございます。
皆様のアイデアを総動員してステキな工作を作り上げてくださいませ。


まぁ、そうは言ってもなかなか良いアイデアなんか浮かんでこないものでございます。

と言う訳で。
真打登場。
先日ツイッターにて紹介いたしました、このソーラーギヤボックスキットを使って製作した『カオナシ』を見ていただきましょう。

近年まれに見る傑作です

共立エレショップのメンバーが作った力作でございます。
デモ展示するに当たり手近にあったコレクションケースに詰め込んだため、ギチギチに収まってますw

いい表情してます

なんか封印されてる感がすごいです。
このデモ品、横にあるスイッチを押すとLEDライトの光が照射されまして、カオナシが動くようになってます。

光が好きなのか嫌いなのか・・・

と言う訳で。
動く様子をご覧頂きましょう。



お解かりいただけただろうか・・・なんつって。
コレは是非店頭で見ていただきたいデモ品でございます。

アイデア次第でいろんな形に化けるギヤボックス。
そこに自由研究の花形太陽電池までくっつけた、まさに夏休みの工作のために生まれたといっても過言ではないソーラーギアボックスキット『KP-SGBK01』。
夏休み終了までまだ時間があります。じっくりアイデアを練って制作に挑んでみてくださいませ。

工作のネタ色々ございます

・共立プロダクツ ソーラーギアボックスキット KP-SGBK01 ¥1296-

<記事:伊東>

通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
ソーラーギアボックスキット / KP-SGBK01

トラックバックURL