ハイテクでも風情たっぷりのLED電球お父さんには懐かしく、子供さんには新しい

2015年08月04日

どこでも扇風機〜

今日も暑かったですねぇ。
昼下がりに1階入口付近の天井近くで作業をしていたのですが、その辺りに熱気が固まっていたようで、まるで炎天下の中2時間ほど放置した自動車の中の様な熱気が渦巻いておりました。
脚立から降りると周りは室温で、たった1m上に上がるだけでコレだけ温度が違うのかと恐怖しました。
暖かい空気は上に上がるとは言いますが、ちょっと極端すぎやしないかと思った次第でございます。
まぁ、別に室内全体が均一に涼しくなる必要は無く、人がいる所だけ涼しければそれで良いんですが。

という訳で本日は。
取り合えず自分が涼しくなる為に便利な扇風機の紹介でございます。

今年の新型でございます。

携帯用扇風機『芭蕉扇 クリップ式』でございます。
何年か前に紹介したことのある『芭蕉扇』の新型でございます。

その名の通り土台部分がでっかいクリップになっております。

クリップ式扇風機はホントに便利!

普通に机の上に置いて使いことも出来ますし、クリップで挟めばラックや棚板、パイプなどにも取りつけることが出来ます。

横でも下でもカプッとはさみます

また、扇風機の首の部分が2軸になっているので風を送る向きの自由度が高く、あらゆるところから自分に向けて風を送ることが可能となっております。

電源は他の『芭蕉扇』と同じくLi-ion充電池18650を1本使います。

無段階ボリウムで調整するのも珍しい

このクリップ式芭蕉扇は風量をボリウムで操作することができ、今までの強中弱とは違ったファジーな力加減で涼を運んでくれます。
もちろん本体で充電も可能でして、ボリウムの横のmicroUSB端子から充電することが出来ます。
なお、電池切れを防ごうとmicroUSBから給電しながら使ってみたのですが、何故か風量は中程度固定になってしまいました。
それなりの風量でよければUSBケーブルを繋ぎっぱなしでも使えると言う風にお考え下さい。

ちなみにMax風量は1m先でも前髪がたなびく程でございます。

ビニル紐がこんなにもたなびいてる

なかなかパワーはありますが長持ちしないのが玉に瑕ですね。
こちらの実験ではMaxパワーでは2時間少ししか風量を維持できませんでした。
もちろん風量を弱くすればその分電池は長持ちしますし、モバイルバッテリーで充電しながら使うことも出来ますのでアウトドアでの仕様に最適でございます。

気になるお値段は3240円。
Li-ion充電池18650が1本と充電用のmicroUSBケーブルが付属しております。
クリップでテントや屋台の柱などに簡単に取り付けられるポータブル扇風機『芭蕉扇 クリップ式』。
電線による電源供給が不要なのでアウトドアやイベントブースでの使用はもちろん、ちょっとした風の演出にも効果的でございます。

色も涼しげ、この夏一押しの扇風機です

・携帯用扇風機 芭蕉扇 クリップ式 電池、充電ケーブル付 ¥3240-

<記事:伊東>

siliconhouse at 19:25│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

ハイテクでも風情たっぷりのLED電球お父さんには懐かしく、子供さんには新しい