直流安定化電源買い替え応援!シルバーウィーク特別企画@シリコンハウス2階

2015年09月17日

秋の夜長にお手紙などいかがでしょうか?

最近めっきり涼しくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
小学生の頃、学校の授業で牛乳パックを使って紙すき体験をされた方も多いのではないでしょうか。
年賀状を作って出しあった方もいらっしゃると思います。
本日はそんな懐かしい紙すきセットをご紹介します。
紙すきセット(外装)

セット内容
容器×1 紙すき枠×1 網×2 透明板×1 絵の具3種
紙すき(中身)紙すき(絵の具)


別で用意するもの
牛乳パック、ミキサー

前準備として牛乳パックをキレイに洗ってから2〜3日水につけて表面のフィルムを剥がれるようにしておきます。

紙すき(説明書)

上記のような説明書(実際はもっと綺麗です)が一緒に入ってますので、その手順に従っていただければ作ることが出来ます。
色を付けたい場合はパルプ液が出来た時点で絵の具を一緒に混ぜていただければ色を付けることが出来ます。

流れとしては、
ゝ軻パックを細かくして、ミキサーにかけパルプ液を作る
▲僖襯弃佞魘囘にして、網で挟んだところに上から透明板をかぶせて押さえながら水分を抜いていく紙すき(網)

最後は平らな窓ガラスに貼り付けて乾ききるまで2〜3日待てば完成です

昔、家でした時はベランダの窓ガラスに貼り付けていると、母親に怒られたものです。
こういうこともあるので、あまり迷惑のかからないような窓、例えば外から目立たない窓に貼るのがオススメです。

水彩絵の具で色を付けたり、折り紙をちぎって入れたり、今の時期でしたらキレイな落ち葉を入れてみてもいいかと思います。
完成するまでに時間はかかりますが、自分で作ったハガキで書いた手紙は忘れられない記念になると思いますので、お子様と一緒にいかがでしょうか?

アーテック 056842 紙すきセット染め絵の具3色付き ¥1263-

<記事:服部>

siliconhouse at 18:45│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

直流安定化電源買い替え応援!シルバーウィーク特別企画@シリコンハウス2階