2015年11月14日

コイン1枚がワンコインなら2枚はニャンコインですよね?

電子工作入門の工作部品としても人気の高いLED。
このLEDを使って工作をして、いざ何かに組み込もうとしたとき、一番問題になるのが電源でございます。
LEDは省電力なので乾電池などで明るく光るのが良いところなのですが、実際に衣装や小物に組み込もうとしたとき、この乾電池と言うのは意外とかさばる代物なのでございます。
こういう時、コイン電池を使えば点灯時間は短くなりますがLEDを点灯させる事はできます。
しかし何故かコイン電池用の電池BOXは基板付けタイプの物ばかりで、自由度の高い電池BOXが無いのが現状でした。

と言う訳で本日は。
ありました、ありましたよ!探せばあるモンです。
自由度の高いコイン電池用電池BOXの紹介でございます。

今までに無い形

CR2032×2枚用電池BOXリード線タイプ『BATX09-CR2032R-15AU』でございます。
この一見朱肉ケースの様な黒い円柱形の物体。本物の朱肉ケースの様に上下をクルクル回すとパカッとフタが外れます。

シンプルさが良い所

この中にコイン電池CR2032が2枚入るんですね。
嬉しいのはマイナス極側のバネが大きめなので、CR2032でしたら1枚でも使用できるところ。
供給電圧を3Vにしたい時でも便利ですね。
また、CR2032の半分の厚みのCR2016でしたら4枚入れることが出来まして、DC12Vの出力を作ることもできます。
まぁ実際の話電流ほとんど取れないんでDC12Vの機器を動かすにはパワー不足ですけどね。

なお、リード線の長さは約300mmありますので、工作物と少し離れた所にも設置することが出来ます。
そう言った意味でも自由度の高い電池BOXでございます。

便利なのはON/OFFスイッチが付いている所。

使いやすいスライドスイッチ

直径約33mmと言う小さなボディにスイッチまで付いて、使いやすいことこの上ない電池BOXでございます。

しかし難点もございます。
この電池BOX、見た目もキレイなのですが、リード線にも美意識を持ちすぎてしまったためにプラス線もマイナス線も同じ電線を使用しているのです。

透明で綺麗な電線は良いのですが・・・

つまりどっちの線がプラスかマイナスかパッと見では判らないんですね。
コレは初心者泣かせの仕様でございます。
ではどうするか。
実際に電池を入れてみてテスターで当たってプラスマイナスを判断しても良いのですが、電池BOXの中を見ればどっちがプラスかマイナスかを判断する事もできます。

→の電線がマイナス側

良くみると電池のマイナス側に接触するバネがスイッチに繋がっていることが判ります。
このスイッチから伸びている電線をたどると、ケースの電線出口右側の電線がマイナス側であることが判ります。
この様に目視でも配線が確認できますので参考にしてみてくださいませ。

さてこの便利なCR2032用の電池BOX。
実はあるキットに対する不満から探し求めるに至りました。
そのキットと言うのがこちら。

電池1本で光ることを強調したいのは解るんですが

ワンダーキットのLEDキャンドルキットでございます。
このキット、組立ても容易で基板も小さく、とても良く出来たキットなのですが、付いている電池BOXが単三型1本用なんですね。

この電池BOXの置場に困るんですよねぇ

せっかく基板が小さいのに電池BOXがでかすぎる。そしてジャマになる。
と言う訳で、もっと小型のコイン電池用の電池BOXで、あわよくば電池BOXの上にキャンドルキットを載せることが出来たら良いなぁと思い探し始めたがきっかけでした。

と言う訳で、早速作ってみた。

まるで違和感の無い見た目

ジャストフィット!見事な一体感!!
今回は試作でしたので基板とケースは厚手の両面テープで貼り付けました。

両面テープでベタッと

完全に固定するならホットボンドや接着剤を使ってもよいと思います。
キャンドルキットの動作電圧が0.8〜5Vとなっているため、今回はCR2032を1枚だけ入れて点灯させてみました。

CR2032を2枚入れても普通に光ります

バッチリ光りました!

これで色々使いやすくなりました。
例えば、
ガラスの器に入れただけ
ガラス製の器に入れてホントのキャンドルライト風に使ったり、
ツリー型の容器に差し込んだだけ
ツリー型の容器の土台にしてオーナメント風に使ってみたり。
電源の形が変わるだけでこんなにも応用範囲が広がります。

と言う訳で。
キャンドルキットの宣伝もかねて実際に点灯している所を見ていただきましょう。



なかなか良い感じで明滅するでしょ。
このキャンドルキット『CAN-D6』シリーズはホント良く出来たキットでございます。

気になるお値段は150円。モチロン電池BOXのお値段でございます。
キャンドルキットに限らず少量のLEDであれば点灯させる事が可能ですので、衣装にLEDを組み込んだり、小物にLEDを仕込んだりといった工作にオススメでございます。

1階コイン電池売場2階電池BOX売場

・CR2032×2枚用電池BOXリード線タイプ BATX09-CR2032R-15AU ¥150-
・ワンダーキット LEDキャンドルキット CAN-D6 ¥604-
・ワンダーキット LEDキャンドルキット[ロウソク色バージョン] CAN-D6B ¥756-

<記事:伊東>

通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
CR2032×2枚用電池ケース リード線タイプ / BATX09-CR2032R-15AU

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by のび太は俺のもの   2015年12月27日 10:15
これ、『ダイハード』でステアー持ったロン毛のやつが一番最初にエレベータの前の見張りを倒す時に床に「コロコロコロ〜〜〜○ バンッ!シュバッ!!☆」ってした、目くらましのヤツに似てるな。