LEDライトを簡単に作ろう大作戦徹底解説!『Lightning&microUSB兼用ケーブル』

2016年05月02日

オラDAC-DACしてきたぞ。

超小型USBDACが入荷しました。

パッケージ画像

サイズ

共立プロダクツ KP-UDAC2704mini 

¥1998- (8%税込価格)

対応OS
・WindowsXP以降
・MacOS X以降
・Linux 「Ubuntu Studio」でのみ動作確認済み
・Android4.1以降

対応USB
・1.1または2.0

対応フォーマット
USB Audio Class1.0準拠
16bit・48kHz/44.1kHz/32kHz

電源
・USBバスパワーのみ *ひょっとしたら、電源出力の小さい機器は使えないかも?

そもそもDACってなんやたっけ??と思う方もいるかと思いますので、簡単に説明すると、『デジタルからアナログにコンバート(変換)するもの』です。
読み方は「ダック」。
今回紹介するのはUSB-DACなので、USBポートからデジタルの信号を取り出し、基板上で音楽として聴くためのアナログ信号に変換するDACです。
そもそもパソコンやタブレットPCには、既に音楽信号用のDACが内蔵されているはずですが、内蔵のDACで出力するとパソコンの筐体内部で発生したノイズの影響を受けたり、機器内蔵のアンプ回路を経由しているので、好みの音質でない事もあるかと思います。
そんな時に、外付けUSB-DACからLINE出力させて好みのアンプに入力したり、録音環境を強化したい方はUSBオーディオインターフェースを使って音声信号の入出力をします。
今回紹介するのは、初めからイヤフォン出力端子が付いている商品なので(と言うよりそれしか付いてない)、ヘッドフォンアンプ的な使い方をしてみました。
*音量調節は機器側で行ないます

この商品の特徴は、AndroidOS(4.1)でも使えるところ。Androidのスマートフォンでも使えるかもしれません。
スマートフォンは持ってませんがAndroidのタブレットを持っているので繋いでみました。
が。・・・無反応。OSが古いのか??

恥ずかしい話ですが、ほとんど使ったことがなかったので、どうやったらOSのバージョンを確認できるのか、わかりません。 
とりあえず音声ファイルだけでも転送しようと思い、パソコンに繋いでも無反応。
USBフラッシュメモリからならいけるだろう、と挿しても無反応。
GoogleでOSバージョンの確認方法をしらべたり、なんやかんやで無駄に時間を費やしましたが、4.01であったためそもそもこの商品は使えないことがわかりました。

奥の手で、Windowsタブレット(OSは8.1)に挿したところ、すぐに認識。
音楽ファイルもUSBフラッシュメモリから危なげなく転送成功。
さあ聴こう、と思ったら、音楽をどうやって聴くのかわからない・・・・
恥ずかしい話ですが、ほとんど使ったことがなかったので、iTunesも入れてないし、標準の音楽プレーヤーがどのアイコンかわかりません。Vistaや7に入ってるwindowsメディアプレーヤーが見当たらない・・・

再生プログラムは何処??
見慣れたメディアプレーヤーのアイコンが無い・・・

WindowsはVista以外は馴染みがないので苦戦しそうな予感がしましたが、音楽ファイルのアイコンを2回押したらとりあえず再生が始まりました。
やっぱり、何かしら再生用プログラムは入っているのね。
1のやつ
再生成功!・・・しかし、アプリケーションの名前は不明

苦労してやっとここまで辿り着きましたが、USB-DACを挿してる時と、そうでない時では、かなり違って聴こえるので面白いです。
以前ヘッドフォンアンプの聴き比べをして「?」となったので多少不安でしたが、今回はわかりやすいです。
イヤフォンを変えたぐらいの違いがあります。
タブレット内蔵のアンプを経由すると低音が目立ちますが(割と好み)、USB-DACを経由させると逆に高音域がウルトラパワーアップしました。
パワーアップしすぎて、耳にけっこう刺さりますが、個人的には不快な程ではなく、パフュームなど電子音多めの曲聴くと面白いかと。
どっちが高音質か、と言うより、気分で使い分けるのがいいかな、と言う感想です。
昔同じ売場の先輩に、「USB-DACを使うとどんな感じ?」と聞いたことがあるのですが、「なんと言うか、『キラキラ』するねん」と言ってましたが、まさに『キラキラ』でした。

デスクトップPCでも試したかったのですが、もともとUSBオーディオインターフェースを繋いでいるので、別のUSB-DACを接続すると設定などが面倒な事になりそうな上(例えば音が出なくなったり)、最近買った「鏡音リン/レンV4X」と言うソフトウェアがVsitaでは対応してなかったので、7〜8年愛用していたWindowsVistaからWindows7に苦労してアップデートしたあと、目をはなした隙に勝手にWindows10に更新された挙句、画面がフリーズしまくって動かなくなる現象が頻発し、5分ぐらいしかまともに操作出来なくなってしまったので、今回は諦めました。
(その後OSを7にダウングレードしたところ、ボロいパソコンながらまともに動作するようになりました。その最中にフリーズしたら、私のパソコンはぶっ壊れたかも知れません。今回の件で多大な精神力を消費したので、しばらくリンちゃんは放置します)

USB-DACと聞くと、「環境を整えるのがめんどくさそう」とか「何か高そう」と思う方もいるかも知れませんが、おもちゃとして十分面白いので(そして安い)、ぜひお試しあれ。

*私も今回痛感しましたが、「手持ちの機器で使えるのか?」と不安な方や音質を確かめたい方もいると思うので、1Fヘッドフォンアンプコーナーにデモ機を設置しました
試聴してや

ホストケーブルも用意してる




*番外編*
〜〜共立プロダクツのサイズ比較がおもしろかったので、便乗してみた〜〜
http://blog.livedoor.jp/kyohritsu/archives/47425763.html

たそがれ
 
ちっちゃぁぁい!
・・・シャアの方が。

記事 猪岡

siliconhouse at 19:55│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

LEDライトを簡単に作ろう大作戦徹底解説!『Lightning&microUSB兼用ケーブル』