0から始める第2種電気工事士-試験1週間前にすること。腕に巻くだけバーチャルリアリティ

2016年06月01日

君は、ネジの涙をみる

『RX』の次が『Z』だったという事は、やはりガ●ダムの系譜だったんですね・・・
え?何の話かって?
えぇえぇ、ネジザウルスの話でございます。

と言う訳で本日は。
ようやく入荷して来ましたネジザウルスの新型の紹介でございます。

型番は『MSZ-006』ではなく『PZ-60』。

エンジニア製ネジザウルスZ『PZ-60』でございます。
でかいネジを掴める『ネジザウルスRX』の次に発売されたこの『ネジザウルスZ』。
そのキャッチコピーからも某アニキや某アイドルグループの『ゼーット!』ではなく『ゼータ』であることが伺えます。 ※追記:エンジニアに確認したところ、『Z』の読み方は『ゼータ』だそうですw
修正されたネジは『これが若さか・・・・!』とか言いながら涙を流すんでしょうね。

冗談はさておき『ネジザウルスZ』についてですが、最大の特徴はペンチ部分の長さにあります。

新設計のT型ブリップはムーバブルフレームみたいなモンなんですかね

コレまでのネジザウルスシリーズと違って鳥のクチバシの様にペンチ部分が長い為、狭いところの奥まったネジも掴みやすくなっております。
見た目で言うとラジオペンチに近くなっていますが、ラジオペンチよりもネジや薄い板が掴みやすくなっております。

シュッとしたデザインは『Z』っぽい

しかしこれが思ったよりも大型でして。

本家『Z』のように使う人を選びません

Zかと思ったらサイコだったくらいの衝撃でした。
他のネジザウルスと比べて見てもこの通り。

写真で見たときはもっと小型かと思いました


グリップの部分は『GT』と同じくらいですが、全長は『RX』に匹敵します。
まぁグリップが『GT』と同じくらいという事は、私のように手が小さい人間にも扱いやすいという事ですし、ペンチ部分の細長さは細かい作業の容易さにも繋がりますので、これはこれでバランスの良い形なのかもしれません。

歯の部分にもしっかりとタテ溝が刻まれております。

そこいらのペンチとは溝が違う!あなたの心もガッチリ掴みます

新型の『ネジザウルスZ』もガッチリとネジの頭を掴んでくれそうでございます。

気になるお値段は2850円。
正直見た目は『Z』と言うより『ギャプラン』だと思うのですが(緑色ですし)、そのスマートさはまさに『Z』級。
いかにも工具然としたコレまでのネジザウルスシリーズと一線を画する、狭いところに手が届くネジザウルスでございます。

ネジザウルスチーム完成!

・エンジニア ネジザウルスZ PZ-60 ¥2850-

余談ですが『RX』『Z』と来て、次は『ZZ』かと考えていたところ、既に発売になってた『ネジザウルスの逆襲』を見て、そう言えば劇場版ではZZが無かった事になりそうなラストだったなぁとか思うのでした。

本家は『逆襲の××』でしたけど

先行して発売された書籍が既に布石だったとは・・・
エンジニア恐るべし・・・

・日本実業出版社 「ネジザウルス」の逆襲 (株)エンジニア代表取締役社長 高崎充弘:著 ¥1620-

<記事:伊東>

siliconhouse at 17:21│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by クエス   2016年06月02日 10:28
5 ひらいた様子が、νガンダムのフィンファンネルにも見えます。
2. Posted by Cy   2016年06月10日 08:55
5 仕事中に笑わせないで...やばい。
0から始める第2種電気工事士-試験1週間前にすること。腕に巻くだけバーチャルリアリティ