2017年02月11日

やっと扱い始めました。

最近問い合わせの頻度が増えてきたUSB Type-Cケーブルを扱い始めたのでご紹介。

まずは、USB2.0規格のUSB A-USB Type-Cのケーブルで、従来のUSB Aタイプのポートを持つパソコン等とType-Cコネクタを持つ機器との接続用です。
Type-CってUSB3.1じゃないの?と思われがちですが、あくまでコネクタ形状としての規格なので、USB2.0規格のType-Cもあるわけです。

Type-Cケーブル

・AREA SD-U2AMCM50-WHM USB2.0 Type-Cケーブル 0.5m 税込¥756-
・AREA SD-U2AMCM100-WHM USB2.0 Type-Cケーブル 1m 税込¥864-


扱い品は長さ0.5mと1mの2種類で、コネクタは通常規定の2倍の20000回の抜き差しを実現、ケーブルはナイロン繊維を編みこんだ高耐久ケーブルを採用してしています。
※コネクタの抜き差し回数はType-Cコネクタのみのデータです。
※オルタネートモード、USB PDには対応しておりません。

そしてType-Cケーブルを購入の際にはちょっと注意が必要だったりします。
両端Type-Cコネクタのケーブルであれば、1.5A/5V給電対応の場合は22kΩのプルアップ抵抗、3A/5V給電対応であれば10kΩのプルアップ抵抗を使用するように規定されています。
今回紹介するType-C-USB Aのケーブルの場合は、56kΩのプルアップ抵抗を使用するように規定されています。

何が問題なん?って感じですが、USB2.0規格の機器では通常500mAしか電流が流せないところに、10kΩの抵抗が入ったケーブルを使うとType-C側の機器が3A流せると認識して、USB A側の機器やACアダプターに負荷がかかり破損してしまう恐れがあります。
疑い深い私は本当にプルアップ抵抗が入っているのか測ってみたところ、規定通り56kΩの抵抗が入っていました。
これで安心して使えますね。

ちゃんと56kΩの抵抗が入ってたので気をよくして、ケーブル以外にUSBmicroBプラグにつけられる変換アダプタもとってみました。

変換アダプタ

・AREA SD-U2MFCM-WH USB2.0 Type-C変換アフダプタ 税込¥540-

microBとType-Cの両方の機器を使うけどケーブルがかさばるので減らしたい場合等にオススメです。
既存ケーブルに紛失防止としてストラップのように取り付けられるのも便利。
こちらにも56kΩのプルアップ抵抗が入っていたので安心です。

規定どおりのプルアップ抵抗が入っていない商品もあるようなので購入の際は要注意です。
裏表無く使え、大電流にも対応可能と非常に便利な規格ですが、採用されている機器も少ない上に色々とややこしい・・・

まだ取り扱い種類は少ないですが、Type-Cケーブルはシリコンハウス1階にて販売中です!

<担当:藤岡>

siliconhouse at 22:39│TrackBack(0)1階売り場情報 

トラックバックURL