2017年06月04日

オレンジペコじゃないよ!オレンジピコだよ!!

最近「ラズベリーパイとかイチゴジャムとか、食べ物の名前のついたボードが多いよね」
とお客さんがお話してるのを店頭でよく聞きます。

ええ。今回ご紹介するマイコンボードも「たべもの」にちなんだ名前なのです!

img001
●ピコソフト ORANGE pico TypeA
●<組立キット> PA010 ¥1,890-
(税込)
●<完成品> PA020 ¥2,862-(税込)


簡単にご紹介いたしますと、
TVやキーボードに接続して、BASIC言語が使えるミニパソコンなのです。

ここまで書くと、「あれ?これってIchigoJamに似てるよね。どこが違うの?」と思われる方も多いと思いますので、
ここでIchigoJamとの共通点と、違いについて簡単にご説明します。

■共通点
1.TVにモノクロ画面を表示できる
2.入力装置にPS/2キーボードを使用する
3.スマートフォンの充電などに使われるUSB-micro5V電源を使用する
4.使用するプログラミング言語がBASIC

といったところでしょうか。
IchigoJamを既にお持ちの方でしたら使用できる周辺機器をそのまま流用できそうです。

■大きな違い
1.グラフィック表示(文字だけではなく線などが描ける)
2.小数を含む実数をサポートし、そのための関数(小さなプログラム)も用意されている
3.音声出力が標準搭載

などがあります。
これによってIchigoJam単体では出来なかったことも出来るようになります。

例えばTVゲームを作るときにもグラフィック機能で面白い画面を作ることも出来るでしょうし、
算数、数学の問題にあるような、例えば一次式/二次式、それどころかサインコサインなどの三角関数を
グラフにして表示することもできます。

これでTVゲームを作って遊んでもいいですし、数学の教材として使うのも非常に楽しいと思います!

他にもIchigoJam同様に、GPIO(汎用入出力)ピンを使って外付けのモジュールに接続したり電子工作もできます。

くわしくはこちらの紹介ページをご覧下さい。

私が中学生のころ、パソコンを買ってもらえなくて学校のPC98にN88BASICでプログラムを打ち込んで遊んだ記憶 があるのですが、
その感覚で使えるマイコンボードが3,000円でお釣りがくる金額で買えてしまうのが驚きです。
あの頃の私が見たら泣いて喜ぶ、そんなガジェットです!

因みに専用ケースと公式の解説書もございます。
是非併せてご検討下さいませ!!
pic2
●専用アクリルケース
PA030 ¥889-
(税込)
pico1
●初めてのオレンジベーシック
¥500-
(税込)

シリコンハウス1F、2Fにて販売中です。

<担当:木下>

通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
●ピコソフト ORANGE pico type A 組立キットPA010
●ピコソフト ORANGE pico type A 基板組立済 PA020
●ピコソフト ORANGE pico type A専用アクリルケース(蛍光オレンジ) PA030
●ピコソフト 初めてのオレンジベーシック B0010

トラックバックURL