2017年08月27日

ちょっと変わった便利アイテム

ケーブル同士の接続にはハンダ付けして熱収縮チューブでの絶縁が多いかと思いますが、これが一発で出来るとステキだと思いませんか?

そんなステキなことができる商品がこちら。
GAST_1
G-APEX ハンダ入防水熱収縮チューブ
・GAST-B01WT 白 税込¥100- 
(写真上)
・GAST-B02RD 赤 税込¥110- (写真下)

収縮率:2:1
使用温度範囲:-55〜105℃
最低完全収縮温度:110℃
ハンダ完全融解温度:110℃
適合電線サイズ
 GAST-B01WT:AWG26〜24(0.25〜0.34SQ)、被覆外径1.0〜1.7mm
 GAST-B02RD:AWG22〜18(0.5〜1.0SQ)、被覆外径1.4〜2.7mm

熱収縮チューブの中央にリング状のハンダが入っており、ヒートガンで熱することでハンダ付けと絶縁が同時にできます。両サイドに接着剤があるので防水性もあります。
防水性能についてはデータが無いので正確なことは言えないですが、多少水がかかる程度なら大丈夫と思います。

使い方は至って簡単。
GAST_2 GAST_3
ケーブルの被覆を剥いて両サイドから差し込み、ハンダ入防水熱収縮チューブがずれないようにヒートガンで熱するだけ。

GAST_4
中のハンダが融けてケーブルがしっかり付いてることが確認できればOK。

GAST_5
こんな感じでハンダ入防水熱収縮チューブを片方のケーブルに通しておき、ケーブル同士を軽く繋いでから使うほうがやり易いもしれません。

通常のハンダ付けや熱収縮チューブ単体での加工と若干勝手が違うため、上手く加工するには慣れがいるかも?
ハンダをきっちり融かすためにヒートガンで熱しすぎると、ケーブルの被覆やチューブ表面が融ける可能性もあるので注意が必要です。

ハンダ付けと絶縁が同時に出来るハンダ入防水熱収縮チューブは、シリコンハウス1階にて販売中です!

<担当:藤岡>

通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
G-APEX ハンダ入防水熱収縮チューブ 白 AWG26〜24 / GAST-B01WT
G-APEX ハンダ入防水熱収縮チューブ 赤 AWG22〜18 / GAST-B02RD


siliconhouse at 16:51│1階売り場情報