2017年10月05日

名著復活!

電子工作の世界に足を踏み入れた人って、キッカケは音楽、と言う方も多いのではないでしょうか。
ギターのエフェクターの作り方の本であったり、シールド(アンプにギターなどの楽器をつなぐケーブル)の作り方が書いてあったりと、当店でも色々な書籍を扱ってますが、今回紹介するのはアナログシンセサイザー自作の書籍です。

ラトルズ 『達人と作るアナログシンセサイザー自作入門 改訂版2017』 岩上直樹 著 本体2680円+税
表紙

シンセサイザーって何?と思う方もいると思うのですが、本書でも触れられていますが、具体的に説明するのは難しいですね・・・。電気を使って音をつくる楽器、には間違いないのですが。
鍵盤が付いているシンセサイザーなら『楽器』とすぐにわかるのですが、本書で自作するのは様々な音をつくり出すモジュールで構成された『箱』です。
シンセサイザーの仕組みはもちろん、ケースの作り方や電源モジュールの作り方まで、カラーの写真でわかりやすく丁寧に書かれているので、興味(根性)のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
「全部作るのは時間が(それなりに費用も)かかるので無理!」という方は、必要なモジュール部だけ作るのもありかも!
実は私、改訂前の本を持っているのですが、変更点としてはパーツの構成(入手困難な部品の見直し)や写真がカラーになってたり、本自体が小さくなって持ち運びに便利になっています。
心なしかキャプテンミライ氏のかわいらしいイラストも増えてる気がします。元々キャプテンミライ氏のVOCALOID楽曲が好きでよく聴いているので、うれしいです。
ヘッドフォン女子

ヒゲおじさんと女子

脱力系ヘッドフォン女子かわゆす

1F書籍コーナーにて販売中!

担当:猪岡

通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
達人と作る アナログシンセサイザー自作入門 改訂版2017

siliconhouse at 20:42│1階売り場情報