更に美味しいドレッシング電源・通信・信号用コードの接続や分岐にお勧め。

2017年12月16日

ラズパイにつながる学習リモコン

最近寒くなってきましたね。
家に帰ってきて、玄関を開けても、寒い。
独り身の寂しさを噛み締めてさらに、寒い。

それはさておいて。

帰ってくる予定時刻の手前あたりでエアコンが入っていて
部屋が暖かいとうれしいですし、
帰りの電車の中で携帯電話から「部屋を24℃に暖めて」ってメールをしたら
帰ってきたら部屋が暖まっている、
そうだったらすごくうれしいですね。

そんなささやかな幸せを実現してくれそうなガジェットが新発売です!

adrsir
■ビット・トレード・ワン ラズベリーパイ専用 学習リモコン基板 ADRSIR
販売価格:4,298円(税込)


adrsird


この基板はラズベリーパイB+/2/3と組み合わせて使用します。
使用方法としては大きく分けて二種類あります。

1.一般的な学習リモコンキットと同様に利用する
マイコン(PIC32)が搭載されているので、基板単体でも学習リモコンの機能を果たします。
USBから給電することも可能ですので、表面のスイッチを使うことで
スタンドアロン動作も可能です。
10個もボタンがあるのでいろいろな機能を割り当てることも出来ますし
記憶できるリモコン信号コード長も長く、エアコンのような学習リモコンの種類によっては
学習できないコードも記憶できます。

2.ラズベリーパイと組み合わせて使用する
当基板上のボタンの信号線とラズベリーパイのGPIOピンが接続されているので
学習リモコン基板で記憶した信号をラズベリーパイ上から選択して送信することが出来ます。
それだけではありません。
I2C接続で任意の信号コードを学習・送信が可能です。
メーカーのビット・トレード・ワンさんのほうで
各社リモコン信号コードを集めたCSVファイルを公開していますので
ラズベリーパイ上のプログラムで任意のコードを送信するということも可能になります。
http://bit-trade-one.co.jp/blog/20171213-2/

いろんな遊び方が出来ると思いますが

・ラズベリーパイ上でwebサーバ機能を立ち上げて
スマホのブラウザでアクセスすると使える仮想リモコン
・外出先からtwitterでダイレクトメッセージを送ると実際にエアコンを入れてくれるbot

なんかだとすぐにソフトウェアで実現できそうな気がします。
家電をいじることなくお手軽にIoT化できるデバイスとして可能性を感じます。

シリコンハウス2Fで販売中です!

<担当:木下>

siliconhouse at 18:34│2階売り場情報 
更に美味しいドレッシング電源・通信・信号用コードの接続や分岐にお勧め。