2018年01月09日

皆既月食をみんなで見よう!

今月末の1月31日は、皆既月食が3年ぶりに日本全国で見られます!
今回の月食は観測条件が良く、見やすい時間帯に起こるそうです。
月は20時48分頃から欠け始め、21時51分には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23時8分には輝きが戻り始め、真夜中を過ぎた0時12分に元の丸い形となります。
皆既食中の月は、真っ暗になって見えなくなるわけではなく、「赤銅色」と呼ばれる赤黒い色になります。

この皆既月食に合わせ、以前紹介した「スマホ天体望遠鏡 PalPANDA UD/UDx」に「2倍バローレンズ(拡大レンズ)」を付属させた『皆既月食スマホ撮影セット』を1/30までの期間限定で販売します。

PalPANDA
・スマホ天体望遠鏡(主に天体向け) PalPANDA UD 皆既月食スマホ撮影セット ¥9990-(税込)
・スマホ地上・天体望遠鏡(地上+天体向け) PalPANDA UDx 皆既月食スマホ撮影セット ¥11988-(税込)

7月28日は、深夜から明け方にかけて食が起こり、月食中に月が沈む「月入帯食」となります。
7月には火星が大接近し、7月31日は火星が地球に5,759万キロメートルの距離まで近づきます。

春から夏にかけては土星、木星が観望好機で、ペルセウス座流星群(8月)とふたご座流星群(12月)も極大の時刻や月齢の条件が良く、多くの流星の出現が期待できるそうです。

多くの天文現象がある2018年、皆さんも天体観測してみてはいかがでしょうか。
スマホ天体望遠鏡PalPANDAはシリコンハウス1階にて販売中です!

<担当:藤岡>

siliconhouse at 18:54│1階売り場情報