痩せるわ、儲かるわ、ウハウハやで。4月のものづくり工作室、休業日があります。

2018年04月01日

IchigoJamをもっとイチゴ味に

2020年に小中学校でプログラミング教育が必修化されることが決定してからというもの、様々なプログラミング教材が発売されてきました。
そんな中でも個人的にオススメなのが『IchigoJam』でございまして、BASICによるテキストベースのプログラミングと言う、硬派でありながらも習得しやすいところが私の心を捉えて離しません。
そんな『IchigoJam』は「こどもパソコン」と銘打たれていますが、私のような大人にも結構人気が有るものでございます。

と言う訳で本日は。
そんな大人にも人気の『IchigoJam』を更に面白くする追加基板の紹介でございます。
それがこちら。

もはや基板に見えない


はい、何がなんだかわかりませんねw
私もこれを初めて見た時は素っ頓狂な声を上げてしまいました。
なんとこの基板は『IchigoJam』のメッセージを可愛く変えてしまう特殊基板、その名も『乙女回路』でございます。
製作したのは京都に拠点を置くテクノアート集団「京律」でございまして、ただでさえ可愛い『IchigoJam』をさらに可愛く、親しみやすくするために、あたかも人格が芽生えたかのように魅せることを目的に開発したんだそうです。

使い方は簡単。
『乙女回路』からはすでにヘッダーピンが出ておりますので、そのまま『IchigoJam』のボードソケットに装着するだけ。

見事な違和感


あとは普通に『IchigoJam』を起動させるだけでOKなのでございます。

で、どうなるかと言いますと、例えば『IchigoJam』を起動させますと、普通画面には

普通の起動画面

と言うメッセージが出力されます。
このメッセージが『乙女回路』を装着しますと

乙女回路を搭載した時の起動画面

と変わってしまうのです!!
『乙女回路』には時計が内蔵されているので起動した時間によってメッセージが変わるんだそうですが、そのせいなのかまるで無機質なコンピューターが人格を持ったかのような錯覚に陥ってしまうではありませんか!

このほかコマンドを間違えた時のエラーメッセージが

Syntax errorの時

と変化したり、特定のコマンドを使用した時のメッセージが変化したりします。

ちぃは乙女なのか?


変化するメッセージの内容は製作者の趣味が多分に反映されている訳なのですが、よく分からないところでは『IchigoJam』の限界までプログラムを書くと、思考回路がショート寸前になるのか訳の分からないメッセージを表示したりもします。

乙女は時に不可解な事を言う


この他複雑なプログラムを組むとへそを曲げて実行してくれなくなったり、機嫌が良いとLEDをピカピカ光らせたりと、まるで秋の空のように挙動が安定しなくなったりもします。
なんだか『IchigoJam』がとても愛おしく感じられますね!
現在は製品化に向けて3種類の人格を切り替えられるように改良中とのことで、そのうち『IchigoJam』が人工知能のようになる日が来るかもしれません。

まぁもちろんエイプリルフールのネタですんでホントに開発してたりはしないのですが、エラーメッセージの表現が変わるだけでうまく動かないときでもモチベーションが保てたりするのかなぁと思った新年度初日なのでした。

<記事:存在自体がウソかも知れない伊東>

siliconhouse at 10:30│エイプリルフール 
痩せるわ、儲かるわ、ウハウハやで。4月のものづくり工作室、休業日があります。