RasPi用プロトタイピングツール意外に売っていない、こんなクリップ入荷しました!

2018年05月23日

オラに力をわけてくれ (たまには自家発電すっぞ!)

そろそろ夏に向けて太陽電池の需要が増えはじめました。
今回紹介する書籍は、太陽エネルギーに限らず、水力、風力、火力、そして人力(!)を利用して工作しよう、
と言う内容となってます。

CQ出版社 作る自然エレクトロニクス 漆谷 正義 著 ¥3,024-(税込)
表紙

作例としては、「ふとんを干しつつ昼寝をする」為に『降雨警報機』を作るのですが、太陽電池やセンサー、様々な電子部品を使った本格的な物となっております。
さすがはCQ出版。ガチです。
『入門書』ではないので、電子工作を始めたばかりの方には難解に思えるかもしれませんが、部品配置図も載っているので、回路図や計算式を見て訳がわからなくても根性があれば作れるかもしれません。

「今から勉強しても、太陽電池が活躍する夏に間に合わない!」と言う方は、冬に向けて『自転車をこいで2次電池を充電』の工作をしてはいかがかな?
体も温まるし、電池も充電できるし、良いことづくしですな!
見出し

この見出しにそそられたなら、是非手にとって見てください。

初版は2011年と古いですが、内容はまだまだ現役で使えるロングセラー。
1F書籍コーナーにて販売中です。よろしくお願いします。

担当:猪岡

siliconhouse at 19:10│1階売り場情報 
RasPi用プロトタイピングツール意外に売っていない、こんなクリップ入荷しました!