第3回 Stereo×パイオニア×共立電子「3社共催クラフトオーディオイベント 2018夏」開催!今年もStereo誌が良い音を提供してます。

2018年07月20日

micro:bitでガッツリ遊んでみた その3

こんにちは!

今回の「micro:bitでガッツリ遊んでみた」ですが、こちらの商品を使ってみました。

noise
PIMORONI
NOISE:BIT PIM356
店頭販売:¥1,750-
(税込)

スピーカーとパワーアンプが実装済み、micro:bitを挿すだけですぐに音が鳴るガジェットを作ることができるボードです。
これとmicro:bitだけでテルミンもどきを作ってみましょう。

音の高さを何で変化させるかですが、先ずは光センサ(=LEDマトリクス)を使ってみます。
組んだコードはこんな感じです。
光センサ
「音を鳴らす」ブロックに、高さを決める数値として「明るさ」ブロックを突っ込んでます。
そのままの「明るさ」ブロックだけでもいいのですが、「明るさ」ブロックは明るさの数値を0〜255の範囲でしか返してくれません。
せっかくなので「数値をマップする」ブロックで数値の範囲を0〜5000に広げてみました。
「数値をマップする」ブロックは「入出力端子」パッケージに組み込まれています。
センサの入力値を別の範囲の数値に変換して出力するときなどに便利なブロックです。
では実際に鳴らしてみましょう。

電球の光だとノイズが多いのか、音の高さがめまぐるしく変わります。まあこれはこれで面白いですが。
太陽光の下でも鳴らしてみました。

滑らかな音になったと思います。

次に加速度センサで検知した傾きの数値を利用してみたいと思います。
コードはこちら。
加速度センサ
音楽系のブロックではなく、アナログ出力を利用してみました。
micro:bitの前後の傾き(ピッチ)でパルス幅を、左右の傾き(ロール)でパルスの周期をコントロールしてます。
数値はやはりアナログ出力に合わせてマップしてます。
パルス周期は適当に0〜10000μ秒の範囲としました。
実際に鳴らすとこんな感じです。

先の光センサの時とは大分違う音ですね。

はい、というわけで今回の「micro:bitでガッツリ遊んでみた」はここまでです。
今回は時間が無くて出来ませんでしたが、micro:bitを2台使って1台はスピーカー用に、もう1台にはセンサー等をつないでコントロール用に、とかやってみても面白いかもしれませんね。

「micro:bitでガッツリ遊んでみた」はまだまだ続きます。
また次回もお付き合い頂けると幸いです。

micro:bit関連商品はシリコンハウス1F、2Fにて販売中です!

<担当:平田>

第3回 Stereo×パイオニア×共立電子「3社共催クラフトオーディオイベント 2018夏」開催!今年もStereo誌が良い音を提供してます。