センターキャップにサブコーン+金属ディフューザー搭載。微細な音の再生に対応したスピーカーユニットが登場そして伝説へ。

2019年04月15日

今月号のトラ技は魅惑的。

今月号のトランジスタ技術(2019年5月号)は¥1,180-(税込)ながら魅惑的な付録「TSoC」が付いてお買得。
tora5 naka
「TSoC」
PSoC体験キット。
PSoC搭載基板です。
単体のメイン・マイコンとしても十分に使えます。
ラズベリーパイの様なコンピューターと組み合わせれば、IoT端末としても使えるようになります。 
トランジスタ技術 TSoC特設サイト

そして、連動企画としてビット・トレード・ワンから販売された商品がこちら。
adcq1904a
ラズパイ用ハードウェア・アクセラレート基板 PiSoC
ビット・トレード・ワン
ADCQ1904
¥4,298-(税込)

TSoCを本製品に取り付けるだけで、簡単にラズパイ拡張基板として使用する事ができます。ラズパイが不得意とするアナログ入力機能を補完し、貴方の電子工作を更に豊かに。データロガーやアナログセンサを使った監視システム、モータを使用し可動ロボなどの作成も可能です。

【仕様】
●対応機種:
・Raspberry Pi Model B+
・Raspberry Pi 2 Model B
・Raspberry Pi 3 Model B
5266f2effb329f823946ffc90d53714d
●アナログ入力:4点(端子台)
●タッチ入力:1点(基板搭載)
●ブザー:1点(基板搭載)
●ボリューム:1点(基板搭載)
●拡張コネクタ:Groveコネクタ1点
●外形寸法:56(H)x64(W)x20(D)mm
●重量:約26g

●付属品:
・USBシリアル変換アダプタ
・接続用ピンヘッダ(ハンダ付けが必要です)
・ネジセット
・保証書 ×1部
※Raspberry Pi本体及びケース、ケーブル類は付属致しません

●その他:
本製品を使用するためには、トランジスタ技術2019年5月号に付属するTSoC基板が必要です。
使用方法に関してはトランジスタ技術2019年5月号より掲載の記事に記載されます。
TSoC基板を本製品に取り付けるためには半田付けが必要になります。


「TSoC」をブレッドボードで実験する時に使う部品セットも同時に販売されています。
adcq1904bba
TSoC用ブレッドボード実験セット
ビット・トレード・ワン
ADCQ1904BB
¥1,296-
(税込)

上述の通り、TSoCは単体のメインマイコンとしても使えるのですが、そのままではパソコンに接続できません。
「USBシリアル変換アダプタ」があればパソコンに繋げてTSoCを楽しむことができます。
ADCQ1904BBには「「USBシリアル変換アダプタ」」が同梱されているのでオススメです。

●商品構成:
・ジャンパーピン 2ピン ×1
・ピンヘッダ 細ピンヘッダ 1列×40P ×1
・USBシリアル変換モジュール CP2102 USB to TTL Module ×1
・USBシリアル変換モジュール接続ケーブル 4P cable 200mm ×1
・ブレッドボード ×1
・ジャンパーワイヤ オス-メス ×5

シリコンハウス1F、2Fで販売中です。

(担当:小川)

通販をご希望の方は共立エレショップがご利用になれます
ラズパイ用ハードウェア・アクセラレート基板 PiSoC ADCQ1904
TSoC用ブレッドボード実験セット ADCQ1904BB

siliconhouse at 17:30│1階売り場情報 | 2階売り場情報
センターキャップにサブコーン+金属ディフューザー搭載。微細な音の再生に対応したスピーカーユニットが登場そして伝説へ。