モバイルバッテリーをIOT電子工作で使いやすくする乾電池で使えるLEDイルミネーションで部屋に花火を打ち上げよう!

2019年05月04日

ハートとマッスルで全てをコントロールします!

こんにちは!

本日は最近取り扱いをはじめた生体センサをご紹介します。
商品点数多いっすよ!!

MyoWare
sparkfun
MyoWareシリーズ


sparkfunからリリースされております筋電センサボードとその拡張ボードです。
一つずつ見ていきましょう。

13723a

13723b
SEN-13723
MyoWare筋電センサ
店頭販売価格:¥5,400-
(税込)

こちらがメインとなるボード。
ベーシックな使い方ですが、このボードに後ほどご紹介する生体センサパッドを取り付けてから、下図の様に皮膚に貼り付けます。
筋肉貼り付け
(※筋電センサのマニュアルより。この図では上腕二頭筋に取り付けられています)
ボードに電源を与えると貼り付けた部位の筋肉活動量に応じて0〜Vs(電源電圧)ボルトのアナログ電圧を出力してくれるので、
Aruinoなどのマイコンボードに入力して使うことができます。
電源電圧は2.9V〜5.7Vとなっております。
ちなみにsparkfunのサイトからはArduinoのサンプルコードがダウンロードできます。

12969
SEN-12969
MyoWare生体センサパッド(10枚入)
店頭販売価格:¥993-
(税込)

上記筋電センサを皮膚に貼り付けるために使用する使い捨てのセンサパッドです。
ラテックスフリーのゲルを使用しているのでアレルギーの方も安心してご使用頂けます。
MyoWare筋電センサには生体センサパッドは付属しておりませんので必ず一緒にお買い求めください!

14109
DEV-14109
MyoWareケーブルシールド
店頭販売価格:¥590-
(税込)
12970
CAB-12970
MyoWareセンサケーブル
店頭販売価格:¥756-
(税込)

身体の部位によってはMyoWare筋電センサ本体に付いている電極を使用せず、延長してセンサーパッドを離れた場所に貼り付けたい場合もあると思います。
そんな時はこちらのケーブルシールドを筋電センサ本体にスタックし、センサケーブルを接続して下さい。
ケーブルの長さは60cmなので、大抵の部位には対応できるでしょう。

13684
DEV-13684
MyoWare電池シールド
店頭販売価格:¥590-
(税込)

MyoWare筋電センサに電池から電力を供給できるシールドです。
CR2032コイン型電池が2個並列に接続されるように設計されています。
(※下記のMyoWareLEDシールドとは同時に使用できませんのでご注意下さい)

13688
DEV-13688
MyoWareLEDシールド
店頭販売価格:¥2,980-
(税込)

MyoWare筋電センサにスタックすることで、筋肉の活性化を10点の青色バーセグLEDで視認することが出来る拡張ボードです。
LiPoバッテリーも搭載されており、電源供給もできます。
LiPoバッテリーはボード上のmicroUSBコネクタから充電ができます。
(※上記のMyoWare電池シールドとは同時に使用できませんのでご注意下さい)

13709
BOB-13709
MyoWareプロトシールド
店頭販売価格:¥368-
(税込)

8x15個のスルホールに好きな部品を実装できる、MyoWare筋電センサ用の汎用基板です。
マイコンボードなどを使わないシンプルな回路にしたければ(例えばコンパレータとFETでリレーを駆動するなど)、この基板でコンパクトにまとめても良いでしょう。

ここまでMyoWare筋電センサとその拡張ボードをいくつかご紹介させて頂きましたが、
ボード同士を連結させるためのコネクタは付属しておりません。
シリコンハウスの取扱い品では下記の物がおススメです。
20110
20110
連結ヘッダーソケット 3P
店頭販売価格:¥30-
(税込)

gs0601031g11a
GS060-1031G-11
2.54mmピッチヘッダーピン 3P
店頭販売価格:¥10-
(税込)

用途やスタック順に合わせて別途お買い求めくださいませ。


さて、MyoWare関連商品は以上になりますが、
生体センサ関連ということでもう1点ご紹介させて頂きます。

11574
sparkfun SEN-11574
心拍センサー
店頭販売価格:¥3,368-
(税込)

指先や耳たぶに付けて使用する心拍センサです。
電源をつなげると、心拍のリズムにあわせてアナログ信号が出力されます。
3〜5Vのマイコンボードに接続して使用できます。
センサを身体に取り付けるためのクリップやマジックテープのバンドが付属してます。
ただしセンサ基板上の部品はむき出しになっているため、
汗をかいたりする場所に取り付ける場合はショートしないよう部品や基板を保護する必要がありますのでご注意を。


以上生体センサ関連商品はシリコンハウス2F売り場にて好評販売中です!
ウェアラブルなコントローラーなどの工作にどうぞ。

<担当:平田>

siliconhouse at 12:00│2階売り場情報 
モバイルバッテリーをIOT電子工作で使いやすくする乾電池で使えるLEDイルミネーションで部屋に花火を打ち上げよう!