気軽に楽しめるヘッドホンアンプ基板を紹介。蓋を開けると少し驚きます日経BPラズパイマガジン連動 ビット・トレード・ワンからラズパイで「試せるボード」発売。ラズパイ初心者をラクラク脱出しちゃおう!

2019年05月12日

ESP32とならどこまでも

こんにちは!
店頭にゲーム系のガジェットが増えたのでご紹介します。

Mini1
WiFiBoy Mini
店頭販売価格:¥5,000-
(税込)

ArduinoIDEやMicroPythonなどを使ってゲームを作成できるガジェット、その名も「WiFiBoy」です!
MCUにはESP32-WROOM-32が使用されてます。
ハードウェアの仕様は下記の通りです。

Mini2
・ESP32-WROOM-32 /4 MB 240 MHz Dual-Core 32 bit CPU
・MPU9250 9軸ジャイロ/Acc/コンパス
・MicroSD / TFスロット(SPI)
・WBIOエクステンション(12ピンスロット)
・CP2104 USBシリアルコントローラ
・1.4インチカラーTFT LCD(128 × 128)
・6 ゲームボタン(6 × 6)
・寸法 : 80 mm x 40 mm x 9 mm

もう1点ご紹介。
pro
WiFiBoy Pro
店頭販売価格:¥6,328-
(税込)

「Pro」は「Mini」よりも対応している開発環境の種類が多く、名前どおり比較的上級者向けとなっています。
「Mini」とのハードの仕様は下記の点が異なります。

・2.4インチカラーTFT LCD(240 × 320)
・6 + 2ゲームボタン(12 × 12)
・寸法 : 120 mm × 76 mm × 9 mm

どちらもメーカーサイトにてクイックスタートガイド(英語)をご覧頂けます。
WiFiBoy.clubでは作例など(中国語)を見ることができます。

ビジュアルプログラミング言語のBlockly Pythonにも対応しているので、Scratchなどを使ったことのあるお子様なら挑戦できるかと思います。
シリコンハウス2Fにて販売中です!

<担当:平田>

siliconhouse at 19:59│2階売り場情報 
気軽に楽しめるヘッドホンアンプ基板を紹介。蓋を開けると少し驚きます日経BPラズパイマガジン連動 ビット・トレード・ワンからラズパイで「試せるボード」発売。ラズパイ初心者をラクラク脱出しちゃおう!