個性を極める自作キーボード、こういう個性のだし方もアリじゃないでしょうか?【期間限定】営業時間延長のお知らせ

2019年05月18日

M5Stack関連商品が大幅に増えてます!

こんにちは!

本日は最近増やしたM5Stack関連商品を一気にご紹介!

まずはこちら。
現在のM5売り場

M5Stack用拡張ユニット

センサーやスイッチなど、M5Stackシリーズに装備されているGROVE互換のポートに接続して使える拡張ユニットです。
商品点数多いので一気に羅列しますね!

ADC
M5Stack用ADCユニット(I2C) ¥1,026

非接触温度計
M5Stack用非接触温度センサユニット(I2C) ¥1,641

測距
M5Stack用ToF測距センサユニット(I2C) ¥1,404

カラーセンサ
M5Stack用カラーセンサユニット(I2C) ¥1,242

ミニリレー
M5Stack用ミニリレーユニット(I/O) ¥621

プロトボード
M5Stack用ミニプロトボードユニット ¥372

光センサ
M5Stack用光センサユニット(I/O) ¥621

土壌水分
M5Stack用土壌水分センサユニット(I/O) ¥621

デュアルボタン
M5Stack用デュアルボタンユニット(I/O) ¥621

ボタン
M5Stack用ボタンユニット(I/O) ¥372

ジョイスティック
M5Stack用ジョイスティックユニット(I2C) ¥1,242


(※販売価格は全て税込)

M5のGROVE互換ポートはI2C、UART、I/Oの3種類があるので、
接続する時はユニットがどのインターフェースか確認しましょう。
(上記商品一覧の右横にインターフェースも記載しておいたので参考にして下さい♪)
そしてこのユニットの面白い特長として、全てLEGO互換の取り付け穴が2個空いてます!
M5GOやM5StackFIREと一緒にLEGOパーツと組合わせた工作が可能ということですね。

さて、サラッと拡張ユニットを紹介させて頂きましたが、一つ問題があります。
それは「M5StackBASICとM5StackGRAYはGROVE互換ポートがI2Cしかない」ということ。
(※M5GOやM5StackFIREは最初からGROVE互換ポートを3種類全て装備しています)
「じゃあBASICやGRAYのユーザーは拡張ユニットを全て使えないということ!?」と思われたお客様、ご安心下さい!
PLUSエンコーダ
M5Stack PLUSエンコーダモジュール
店頭販売価格¥1,598-
(税込)

こちらM5Stackに重ねて使用する拡張モジュールです。
ロータリエンコーダ、500mAhのバッテリー、赤外線トランスミッター、
そしてUARTとI/Oの2種類のGROVE互換ポートが搭載されています。
これを使えばBasicやGrayでも拡張ユニットが使用できるというわけですね!
ユニットと併せてお買い求め下さいませ♪

さて、最後にもう1点ご紹介させて頂きます。
遂に出た解説書
工学社
「M5Stack」ではじめる電子工作
店頭販売価格¥1,944-
(税込)

遂にM5Stackの解説書が出版されました!
開発環境のインストールからHello World、Lチカ、
そして音声合成やWebサーバの構成、スマホからコントロールなどなどの内容がコンパクトかつわかりやすくまとめられています。
(※本書での開発環境はArduinoIDEが使用されています)
これからM5Stackを始められる方は是非一緒にお買い求め下さいませ。

M5Stack関連商品はシリコンハウス2F売り場にて好評販売中です!

<担当:平田>

siliconhouse at 11:45│2階売り場情報 
個性を極める自作キーボード、こういう個性のだし方もアリじゃないでしょうか?【期間限定】営業時間延長のお知らせ