チップLEDのチェックに最適!!PSEマークの入ったリチウムイオン電池が入荷しました

2019年06月05日

Markaudioはじめました。

Markaudio Alpair-11MS Gold
16cmフルレンジスピーカー(1本)¥19,500-(税込)
Alpair11MSGolda
最大入力:35W

Markaudio Alpair-7MS Gold
10cmフルレンジスピーカー(ペア)¥26,200-(税込)
Alpair7MSGolda
最大入力:15W

Markaudio Alpair-5V3SS Gold
5cmフルレンジスピーカー(ペア)¥17,500-(税込)
Alpair5v3SSGoldb
最大入力:10W



Markaudio(マークオーディオ)の商品取扱いを開始しました。
まずはスピーカーユニットの紹介ですが、このシリーズは厚さ100ミクロンのアルミマグネシウム合金を採用したメタルコーン振動板とボイスコイルに使われる銅線も専用の物を使用し、ダンパーを排除した「モノ・サスペンション」と呼ばれる構造を採用し、特に繊細な音の再生を得意としているそうです。

以下弊社通販サイトから引用です。
OGUさんの【マークオーディオのココがすごい!!】

こちらの画像をご覧ください。
MARKAUDIO-kouzou
ダイナミックスピーカーは、一般的にはこんな構造をしています。

振動板にボイスコイルが接着されていて、信号が加わるとコレらが上下に振動します。
ボイスコイルは、ポールピースとプレートのスキマ(1mm以下)の中を動きます。
ポールピースやプレートに接触せずに動かねばなりません。
そのために、エッジとダンパーという支えでセンターを保持する構造になっています。
それでも心配なメーカーは、そのスキマに磁性流体(オイルに鉄粉を混ぜたもの)を入れて、センターを保持させています。

マークオーディオがすごいのは、ダンパーも磁性流体も使用せずにエッジだけでセンターを保持させていることです。
各パーツの工作精度、組立精度、素材の品質などがハイレベルでないと実現不可能です。

ダンパーや磁性流体がないと、振動板の動きにブレーキをかける障害物が減って、振動板が動きやすくなるのは当然ですね。

そのために大きな信号に埋もれていた微弱な信号にも敏感に反応できるようになって、より高忠実な音楽再生ができる・・というわけです。
ハイエンド・クラフト・オーディオファンに人気があるのはそのためです。
引用ここまで

因みに、Alpair-11MSとAlpair-7MSのボイスコイルに使われている銅線は50ミクロン、 Alpair-5V3SS には平角銅線(レクタングラーコイル」が使われており、スピーカーユニット作りに相当な拘りを感じます。

そんなすごい要素の詰まったスピーカーユニットは1F DIYオーディオコーナーにて販売中です。

<担当:嶋林>


通販をご希望の方は共立エレショップがご利用頂けます。
16cmフルレンジスピーカー▲航空便不可▲ Alpair-11MS Gold
10cmメタルコーンフルレンジスピーカー(2本ペア)▲航空便不可▲ Alpair-7MS Gold 
5cmフルレンジスピーカー (2本ペア)▲航空便不可▲Alpair5v3SS Gold


siliconhouse at 19:29│1階売り場情報 
チップLEDのチェックに最適!!PSEマークの入ったリチウムイオン電池が入荷しました