登場して3年が経ち、さらに進化し続けるサウンドクオリティアップグレーターパッと固定ではんだづけが楽になる? gootからマルチクランプが登場

2019年12月03日

人気商品がタッグを組んだ! micro:bit用のプログラミングフォロが登場。

スイッチサイエンス プログラミング・フォロ for micro:bit
SEDU-054829 ¥7,700-(税込)

EK1BQ0oU4AEiCAASEDU054829c
モーターを動かす命令をmicro:bitでプログラミングして、フォロを歩行させます。
また、赤外線センサーを活用したプログラムを作ることもできるため、例えば「障害物を避けて歩く」ロボットや「動いているものに追従する」ロボットにアレンジできます。
もちろん、micro:bit本体に搭載されているセンサー類と組み合わせた動きをプログラミングすることも可能です。
※このキットを使用するためには、別途micro:bit(マイクロビット)と単4電池4本が必要です。


スイッチサイエンス micro:bit用 ジョイスティック付キコントローラーキット
SEDU-053082 ¥3,960-(税込)

SEDU053082aSEDU053082d
micro:bit用の拡張モジュールです。micro:bit用コントローラーキットが進化して、ジョイスティック操作が可能になったキットです。
micro:bitの電源はスイッチによってオン/オフすることができます。電源がオンになると、右側の赤いLEDが点灯します。
※このキットを使用するためには、別途単4電池2本が必要です。
※micro:bitと組み合わせると上記の「プログラミングフォロ」を遠隔操作するのに使えます。


ちなみに「プログラミング・フォロ for micro:bit SEDU-054829」と先に登場した エレキット プログラミング・フォロ for PaletteIDE MR-9110 との大きな違いは、搭載しているマイコンがエレキットオリジナルのものからmicro:bitに対応になったこと。それによりプログラミング環境も専用のPaletteIDEからwebやスマートフォンアプリに対応して、より気軽にプログラミングが出来ます。
micro:bitを使ったロボットを比較的安価で作れますのでmicro:bitをお持ちの方は実験や学習又はロボットによる競技にと様々な用途で活躍するでしょう。
1Fエレキットコーナーにて販売中です。

なお通販をご希望の方は共立エレショップがご利用になれます。
プログラミング・フォロ for micro:bit SEDU-054829
micro:bit用ジョイスティック付きコントローラーキット SEDU-053082 

<担当:嶋林>

siliconhouse at 17:41│1階売り場情報 
登場して3年が経ち、さらに進化し続けるサウンドクオリティアップグレーターパッと固定ではんだづけが楽になる? gootからマルチクランプが登場