結局、“接点”を良くするにはどれを使えばいいの?器具用ブザーの新製品が入荷しました!

2020年01月05日

より美しい映像を映すならプレミアム認証のHDMIケーブル!

カナレ電気よりHDMIケーブルの新商品が入荷しております。

カナレ電気 プレミアムHDMIケーブル
HDM006P L-0.6m ¥1,034-(税込)
HDM01P L-1m ¥1,144-(税込)
HDM015P L-1.5m ¥1,276-(税込)
HDM02P L-2m ¥1,430-(税込)
HDM03P L-3m ¥1,650-(税込)
HDM05P L-5m ¥2,552-(税込)

P1110725P1110724

HDMIイーサネットチャネル(HEC)に対応した、「プレミアムハイスピードHDMIケーブル」です。
ダイキャストバックシェルでノイズ低減、つなぎ目をなくした高強度プラグ。
信頼のプレミアム認証で高精度・高輝度・広色域 18Gbps高速伝送に対応。
<主な対応信号>
4K/60p、HDR、BT.2020、3D、Deep Color、HDCP 1.4/2.2、ARC、HEC

今現在普及しているHDMIケーブルとしては最高スペックのプレミアム認証品!
しかも安心と信頼のカナレ電気製ということで、巷を賑わす他のHDMIケーブルとは一味違います!

4K/60pという言葉はもうご存知でしょうが、映像がキレイ見える要因は画素数や動きの滑らかさだけでは物足りなく、色も重要になってくるわけですね。
そこで最近目にすることが多くなった、“HDR”と“BT.2020”という規格。
HDRとは今まで以上に明るさを表現できるようになったもの。
BT.2020とは今まで色の再現度が70%ほどだったのに対し、ほぼ100%再現できるようになる、というもの。
そこまでするとデータ量も膨大になるので、それを伝送するケーブルもしっかりと作られたものにしないといけない訳ですね。今までのHDMIケーブルだと対応できない可能性があります。
※もちろん対応するモニターや再生機や映像サービスその他諸々......全てをそろえる必要がありますので注意が必要です。
1F映像ケーブル売場にて販売中です。

<担当:嶋林>

siliconhouse at 12:45│1階売り場情報 
結局、“接点”を良くするにはどれを使えばいいの?器具用ブザーの新製品が入荷しました!