エレキットからの挑戦状?! エレキット史上最高峰難易度のキットが登場します!春になって新年度、ラズパイで遊ぼう!

2020年04月05日

140年以上の歴史ある再生装置を作ってみよう!!

『いま欧米や日本で「アナログ・レコード」の人気が再燃しています。日本でのレコード生産量は10年前の10倍に増え、有名なアーティストが続々とアナログ盤をリリース。往年のファンだけでなく、若い世代からもファッション性とコレクション性をあわせ持つアイテムとして注目を集めています。』
メーカーHPより


レコードが主要メディアだった頃を体験されている方からすれば、一度「オワコン」とされたレコードがまた新たに新譜として販売されたり、若い世代の人達がわざわざプレーヤーを買ってレコードを買い求める光景を目の当たりにすると奇妙に感じられるかもしれませんね。

レコードの存在は80年代からのカセットテープ、90年代からのCDの普及によって消えていくかと思われましたが、一部のオーディオマニアとクラブやディスコなどで音楽をかけるDJ文化に支えられ、現代まで残り続けてきました。

しかし現代においては、CDやmp3によるDJも一般的になり、重たく再生のたびに劣化していくレコードを運ぶ必要もなく、また廃れていくかと思われました。

ところが人気が衰えるどころか再燃しているのはなぜでしょうか?

大きなジャケット、紙質や匂い、希少価値など、工業製品的なCDや物理的に存在しないmp3には無い魅力がたくさんあると思いますが…
やはり他のメディアとの一番の違いは 「物理現象がそのまま音になる」 というところではないでしょうか?

針がレコードに刻まれた溝に合わせて振動し、カートリッジ内部のマグネットとコイルによる電磁誘導で電気信号に置き換えられ、フォノイコライザーで増幅、補正され、アンプを通ってスピーカーから音が出る。
レコード盤にそっと針を乗せたときに鳴る「ブッ」という音からも、視覚的にも聴覚的にも「音が出る原理」が肌で感じられるのです。

例えば、お皿にフォークをこすりつけると「キー」という音が鳴る、という現象と同じ原理でレコード盤からも音が鳴るんですね。
しかも、その音が「キー」とかでは無く、人の声や楽器の音、録音された場所の響きなどが一体となった「音楽」として流れてきます。

スマホにしゃべりかけたら、離れた場所にあるBluetoothスピーカーから、0と1の羅列によるデータから変換された「音楽」が流れる、
というのとはまた違いますよね。
そういのって「便利!」とは思うけど、「不思議!」とは思わなかったり。

昔から考えると、音楽の再生ひとつとってもハイテク過ぎて「一体どういう仕組みになってるの?」と考える機会が無くなってしまったように思えます。
わざわざ手間をかけてレコードを楽しむ方が増えているのはこういった手軽さに対する反動もあるのでは無いでしょうか?
生活と密接な音楽ですが、そういった手間をかけて再生することによって、より鑑賞の仕方が豊かになるのではと思います。


前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのはこちら。

トイレコードメーカー

大人の科学マガジン トイ・レコードメーカー

税込¥8,778-

すでに各所で話題にはなっていますが、前述したレコードが自分で作れてしまうキットです。
専用のカッティングマシーン兼プレーヤーで、お気に入りの音楽から、人の声、物音、なんでもレコードにできます。

入力は3.5mmオーディオプラグで、スマホなどラインレベル出力の再生機器を接続して、付属の5インチレコード盤にカッティングしていきます。

プレーヤーにはスピーカーが内蔵されているので、カッティングした後、すぐに再生することもできます。
また、オーディオ出力端子もあるので、外部のアンプで聴くこともできますよ。
※入力、出力ともにモノラルです。付属のケーブルはステレオミニプラグになっておりますが内部でモノラルに変換されます。

市販のEP盤(7インチ)も聴くことができます。もちろんドーナツ盤用のアダプターも付いてます。
LP盤(12インチ)は大きすぎて聴けません。33/45回転の切り替えスイッチが付いていますが、これはカッティング時のスピード選択用です。
電源はUSBバスパワー駆動です。(DAC機能はありません)

ブランクレコードは黒、白、それぞれ5枚ずつの合計10枚付属します。
録音時間は片面で約4分(33回転)、約3分(45回転)となっておりますので、3、4分の曲であれば20曲ほど作製可能ですね。

またブランクレコード、カッティング針は別途追加購入もできます。

以下、詳細です。
・仕様:レコードカッティング&再生(モノラル)、33/45回転切替スイッチ、REC/PLAY切替スイッチ、3.5mmモノラル入出力端子、ベルトドライブ式、セラミックカートリッジ、USBバスパワー、スピーカー内蔵
・付属品:組立キット一式/USB電源ケーブル/3.5mmオーディオプラグ/カッティング針2本/5インチブランクレコード黒5枚・白5枚(両面使用可)、EPアダプター、レコード盤押さえ
 ※レコードとカッティング針は別途追加パーツの販売を予定。
・録音時間(片面):33回転/約4分、45回転/約3分
・組立時間目安:約60分
・サイズ:完成時本体 W19×H16×D15cm/570g


この値段でこのクオリティのカッティングマシーンが手に入るのは驚きですね。
あえて手間をかけてローファイな音を再生するメディアを作るというのもおもしろいです。
またお子様に音はどうやって録音され再生されるのか、というのを体験してもらういい機会にもなるかと。

あと、「大人の科学マガジン」なので、もちろん本もついてきます。
こちらもジェフ・ミルズはじめ各界の著名人のインタビュー含め、充実した内容となってます。

いつものごとく、早くも品薄状態になりつつありますのでお早めに!
1Fにて販売中です。


担当:鈴木

siliconhouse at 11:56│1階売り場情報 
エレキットからの挑戦状?! エレキット史上最高峰難易度のキットが登場します!春になって新年度、ラズパイで遊ぼう!