大感謝セール「休止」のお知らせ(共立電子産業 創業50周年特別企画 )ものづくり工作室休業のお知らせ

2020年04月11日

自分で作るCat.6AのLANケーブル

以前にSTP仕様の Cat.6Aに対応したハイスピードなLANケーブルを紹介しましたが、一般家庭で使用するのにSTP仕様が不要の場合が多いそう。
また、長尺をお探しの方がいる中、メーカーはそこまで長いLANケーブルがラインナップされてなかったりと、どうにか自作用のケーブルとコネクタを探していたのですが、ようやく見つけたので店頭に出せる運びとなりました。

ノーブランド  Cat.6A RJ45コネクタ より線・単線共用¥143-(税込)
P1110843

ノーブランド  Cat.6A LANケーブル 単線 ¥154-/m(税込)
B2AFABE5B4FF3A4FEA922A975626D00684627707670B681C1BB67FAB191A94B0

UTP仕様のCat.6Aに対応したRJ45コネクタとLANケーブルです。
今までのRJ45用の圧着工具を使用できます。
※全ての工具で圧着できる保証はありません。

実際にケーブル使われている電線太さがCAT6の場合だと0.51个里箸海蹇CAT6Aは0.57个搬世なっており、それに伴いCat.6用のプラグが使えなくなっています。
P1110851
写真左:Cat.6 右:Cat.6A
比べてみると被膜の厚みも含めて太くなってる気がしますね。

さて、肝心の通信速度に違いがあるのかというところが気になるかと思いますが、実際に作って取り換えてみました。
光回線モデム→ハブ→プレイステーション4という環境で、「ハブ→プレイステーション4」のLANケーブル(5〜6年前に購入したCAT5e)のケーブルと交換しました。
プレイステーション4のネットワーク診断での結果ですが、アップロード速度は変わりませんでしたが、ダウンロード速度は「300Mbps」になりました。
ケーブルが劣化していただけとも考えられますが、普段は100Mbpsほどで問題とも思っていませんでしたが、通信回線の改善になったことは間違いないと思います。
※あくまで個人的な検証の結果です。

この記事を読んでくれた方も、これを機に新調してみてはいかがでしょうか?
LANケーブルの自作のはそこまで難しくなく、好きな長さで作れるので様々な場面でメリットとなります。

こちらの商品を通販でのご購入希望の方は共立エレショップ内の『未登録商品の注文』より購入可能です。

製作手順はこちらです!!

<1F担当:嶋林>

siliconhouse at 18:05│1階売り場情報 
大感謝セール「休止」のお知らせ(共立電子産業 創業50周年特別企画 )ものづくり工作室休業のお知らせ