PC自作とシリコンハウス

2010年04月28日

PC自作とシリコンハウス 第23回

ネタが無くなると途端に失速するこの連載。
無理矢理にでも捻り出してやらないと枯渇気味でございます。
そのうち乙女部に連載回数で抜かれるんじゃないでしょうか。

というわけで今回のアイテムはこちら。
変換
USB-PS/2変換アダプタ
価格:どちらも¥100-

捻り出された感の強いアイテムです。
「これ家に沢山ある・・・」って人も結構多いんじゃないかと。
でも意外と結構売れてます。

その場その場では捨ててしまったりして、いざという時に見当たらないってことなんでしょうか。

変換に関してはごく普通のアダプタです。
PS2からUSBへ

USBからPS2へ


PS/2といえば緑と紫の2つが付いていて、緑がマウス紫がキーボードって感じだったんですが、最近のマザーボードって1つしか付いてなかったりするんですね。
半分緑半分紫の1個のPS/2コネクタ・・・。キカイd(略


売場


4階にて取り扱い中です。




※お使いの機器によっては信号を変換できない場合があります。
 あらかじめご了承ください。


担当:楠原


[追記]新店移行に伴い扱いフロアが変更しております。
2011年1月7日現在こちらの商品は3Fにて扱っております。

通販ご希望の方は下記ダミーカートより注文お願いします。
http://eleshop.jp/shop/info/irregular.aspx

siliconhouse at 17:19|PermalinkTrackBack(0)

2010年01月24日

PC自作とシリコンハウス 第22回

こないだ知り合いから「BIOSの設定が保存できないんだが」と相談を受けまして・・・。
まあ普通にマザーの電池切れだったんですが、意外とそこに辿り着かないものなんだなぁと。本当に意外でした。

今回はその電池のご案内。
マザーの電池

今使われてる電池はほとんど一緒だと思います。
CR2032」です。
※一部違う電池を使っている場合があります。必ず確認してください。
この電池はBIOSの設定や時刻設定を記憶するのに用いられています。
これが切れると設定・時計がリセットされてしまうわけですね。

シリコンハウスでもモチロンその電池を取り扱っております。
CR2032_maxell


maxell
CR2032
価格:¥220-








CR2032_GPCR2032_GPx10
GPバッテリー
CR2032
価格:¥100-(1個) ¥800-(10個セット)


マザーボードの性能や種類によるでしょうが、一般的にはマザーボードの電池は3~5年ほどもつと言われています。

電池が切れて焦る前に買い置き推奨です。


担当:楠原

ご購入ご希望のお客様は弊社通信販売部の
未登録商品の注文よりご購入下さい。
リンクはこちら

siliconhouse at 17:22|PermalinkTrackBack(0)

2010年01月14日

PC自作とシリコンハウス 第21回

つい最近、声優の古谷徹さんが自作PCを組み立てる動画を見まして、自分でも新しいの組みたいなぁと思うことが増えてきました。
とはいえ、指針が欲しい!
早くF○14の推奨環境を公表してください・・・。

まあそんなどうでもいい話はさておき、今回はマザーボードのATX電源コネクタをご紹介。
ATX電源コネクタ

コネクタの種類自体は以前ご紹介しました「田コネ」と同じ、molex社のニューミニフィットというコネクタです。

シリコンハウスでは20ピンと24ピンの両方を取り扱いしております。
残念ながら20ピンと4ピンを合体させて24ピンにできるようなコネクタは扱っておりません。

5557-20R
型番:5557-20R
価格:¥105-
20ピンリセプタクルハウジング




5557-24R
型番:5557-24R
価格:¥125-
24ピンリセプタクルハウジング

*こちらの取り扱いは現在、ノーブランドの互換品となっております。(2011/1/7)



このリセプタクルハウジング用のコンタクトピンはこちら。
5556TL
型番:5556-TL
価格:¥21-
100個パック:¥1,890-






当然相手側もあります。まずはケーブル用から。
5559-20P
型番:5559-20P
価格:¥160-
20ピンプラグハウジング




5559-24P
型番:5559-24P
価格:¥180-
24ピンプラグハウジング




これらプラグハウジング用のコンタクトピンはこちら。
5558TL
型番:5558-TL
価格:¥21-
100個パック:¥1,890-





そしてこちらが基板付けタイプ。マザーボード側ですね。
5566-20A
型番:5556-20A
価格:¥175-
20ピンストレートヘッダー




5566-24A
型番:5556-24A
価格:¥210-
24ピンストレートヘッダー






さて、このニューミニフィット。
コンタクトピンの圧着に最適の工具があります。
それがこちら。
PA-21

精密圧着ペンチ
メーカ:エンジニア
型番:PA-21
価格:¥4,200-

詳しくはコチラ





写真の矢印部にご注目。
パッケージ拡大図

まさにニューミニフィットのコンタクトピンが!



ニューミニフィットのような足の長いピンをキレイに圧着できるのが特徴でもあります。
第17回でご紹介しました、ペリフェラル4ピンことコマーシャルメイテンロックのコンタクトピンもこの工具で圧着できますので、1本お手元に置いておいてもいいんじゃないでしょうか。


担当:楠原

[追記]新店移行に伴い扱いフロアが変更しております。
2011年1月7日現在こちらの商品は3Fにて扱っております。

共立エレショップにも登録しましたので、通販ご希望の方は
ご利用ください。
モレックス ニューミニフィットシリーズ


siliconhouse at 20:48|PermalinkTrackBack(0)

2009年12月05日

PC自作とシリコンハウス 第20回

前回前々回とZIF関連をご紹介しましたが、もっとも大事な付属品を置いてなかったので今回はその付属品を置いてみました。

ZIFケーブル

ZIFケーブル
¥250-




0.5mmピッチ、40芯のフィルムケーブルです。
1.8インチのHDDやSSDなんかで使われることの多いケーブルです。
当然前回ご紹介しましたZIFソケットにもバッチリ使えます。
ZIFケーブル長さZIFケーブル長さ2
長さはちょっと長めの20cmです。
邪魔になるかもしれませんが、引っ張り出して作業することを考えると少し楽かもしれません。

今回の入荷数は200本のみとなっております。
お求めの方はお急ぎください。
ZIF売場
ZIFコネクタ売場に並べています。

担当:楠原

[追記]新店移行に伴い扱いフロアが変更しております。
2011年6月1日現在こちらの商品は3Fにて扱っております。

こちらの商品通販でご注文の方はこちらのエレショップ
ダミーカートより注文お願いします。
http://eleshop.jp/shop/info/irregular.aspx


siliconhouse at 16:11|PermalinkTrackBack(0)

2009年11月17日

PC自作とシリコンハウス 第19回

依頼があったからってわけでもないですが、新入荷しました。

FH12-40S-0.5SV(55)
40ピンZIFソケット
メーカ:HRS
型番:FH12-40S-0.5SV(55)
価格:¥790



EeePCでは初期ロット以降ZIFコネクタが消えたという話を聞いたことがあります。
私自身はEeePCを持ってないのでよく知らないんですが・・・。
なんでも基板パターンだけは残ってるとのことなので、なんとか使えそうなソケットだけあれば・・・という、とある店員からの話に乗せられて使えそうなソケットを取ってみた次第です。
とはいえ、以前から置こうとは思ってました。

足は0.5ミリピッチでギッシリと並んでいます。
足配置
これをハンダ付けするのは苦労しそうです。

使い方は至ってシンプル。
差し込む1差し込む2
こんな感じで40芯のZIFケーブルを差し込んで、

レバーを倒すと固定しっかり固定されます
レバーを倒すだけ。
ちょっと固いですが、しっかりと固定されます。


第18回の記事でご紹介しました、「1.8inchZIF→mini PCI Express変換アダプタ」が人気商品となっていることからも、「ZIF接続のHDDやSSDをEeePCに」という方が多いのがわかります。

ちょっとピンピッチが狭くて難しいですが、たまにはこういう改造もいいんじゃないでしょうか。


もちろん改造はメーカ保証対象外ですので自己責任にてお願いします。
また、このコネクタはEeePCの純正補修部品ではありませんので、適合保証は致しかねます。ご了承ください。


担当:楠原


この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら http://www.siliconhouse.jp/blog2/order.html


siliconhouse at 19:56|PermalinkTrackBack(0)

2009年10月03日

PC自作とシリコンハウス 第18回

4階にPC系新商品が入荷しました。

1.8inchZIFtoSATA_11.8inchZIFtoSATA_2
1.8inchZIF→mini PCI Express 変換アダプタ
価格:¥750- ※完売しました。
ZIFケーブル1枚、ZIF-LIFケーブル1枚付き


miniPCIe
miniPCIe端子。
EeePCのSSDを接続する端子として用いられています。
ZIF接続のSSDなどを、ZIFコネクタを持たないEeePCに繋ごうという場合に使われるようです。



続いてはこちら。
1.8inchZIFtoIDE_11.8inchZIFtoIDE_2
1.8inchZIF→IDE変換アダプタ
価格:¥980-
ZIFケーブル1枚、ZIF-LIFケーブル1枚付き

こちらはIDEへの変換アダプタです。
1.8インチから3.5インチへの変換マウントが売られているのかどうかは知りませんが、無理矢理デスクトップパソコンに組み込んでやろうとか考えてる人にオススメの商品です。


さて、この2商品ですが、データシート等がありません。

IDE変換のほうなんてマスター・スレーブ切り替え機能が欲しいところですが、「どれが」というのは明記されていません。
おそらくポツンと飛び出したジャンパピンあたりがそうなんでしょうが、「付けてる時?外した時?」といった感じでハッキリしません。

それでも使ってみたい方!

チャレンジャーお待ちしております。


<4日2時30分修正・追記>
当初「1.8inchZIF→miniPCIe変換アダプタ」を「1.8inchZIF→S-ATA変換アダプタ」として文章を書いていましたが、コメントいただいた方の指摘により文章を訂正いたしました。



担当:楠原


この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら http://www.siliconhouse.jp/blog2/order.html


siliconhouse at 19:09|PermalinkTrackBack(0)

2009年09月25日

PC自作とシリコンハウス 第17回

もう9月も終わりそうです。
来月はWindows7の発売もあり、ジサカー的には色々考えさせられる時期でもありそうです。
私も個人的に色々買いたい物が多くて大変です。
i5-750とかHD4770とかX25-Mとか・・・。


まあ、そんな物欲はさておき、今回は最もよく目にするのではないかというコネクタをご紹介。
ペリフェラル4PIN
パソコン関係の説明書や雑誌などでは「ペリフェラル4ピン」と言われていることがあります。

※ペリフェラルとはコンピュータと接続して使用する各種機器のこと。とあります。
 この場合はHDDなど各種ドライブに使われることが多い電源コネクタなので、そう呼ばれているものと思われます。



プラグ側キャップ側

さて、このコネクタですが、結構売れ筋です。
店頭で「ハードディスクとかに使われてる4ピンのアレ」みたいな感じで問い合わせがあったりします。
電源ケーブル用として使われることが多い上に、他の信号ケーブルと比べると作成が簡単ということで、自力で補修や作成をする方が多いのでしょう。

というわけで単品のご紹介。
コマーシャルプラグ1-480424-0
コマーシャルメイテンロック(プラグ)
メーカ:AMP
型番:1-480424-0
価格:¥90-



コマーシャルキャップ1-480426-0
コマーシャルメイテンロック(キャップ)
メーカ:AMP
型番:1-480426-0
価格:¥90-



コマーシャル用170148-1
プラグ用コンタクトピン
メーカ:AMP
型番:170148-1
価格:¥15-



コマーシャル用60618-1
キャップ用コンタクトピン
メーカ:AMP
型番:60618-1
価格:¥15-




ついでなので基板付けタイプもご紹介しておきましょう。
日圧LC-04T_1日圧LC-04T_2
基板付けキャップ(直型)
メーカ:日本圧着端子
型番:LC-04T
価格:¥85-


日圧LC-04A_1日圧LC-04A_2
基板付けキャップ(L型)
メーカ:日本圧着端子
型番:LC-04A
価格:¥85-



まだまだ現役のコネクタではありますが、いずれは別のコネクタに置き換えられていくんでしょうか・・・。

基板付けペリフェラル4PIN
4Fにて。


担当:楠原


この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら http://www.siliconhouse.jp/blog/order.html


siliconhouse at 19:58|PermalinkTrackBack(0)

2009年09月21日

PC自作とシリコンハウス 番外編

今回の番外編ではこれまでに記事にした商品で、価格変更しているものや取り扱い終了しているものをお伝えします。


まずは価格変更商品から。

SCH-20
熱伝導グリス
メーカ:サンハヤト
型番:SCH-20
掲載時価格:¥714- → 現在価格:¥787-
(メーカ価格変更につき)

当時の記事→コチラ

SCV-22
硬化型熱伝導グリス
メーカ:サンハヤト
型番:SCV-22
掲載時価格:¥882- → 現在価格:¥966-
(メーカ価格変更につき)

当時の記事→コチラ

AS-05
シルバーグリス
メーカ:Arctic Silver
型番:AS-05
掲載時価格:¥1,580- → 現在価格:¥1,300-
こちらは第9.5回でもお知らせしたものです。

当時の記事→コチラ
第9.5回の記事→コチラ


続いて取り扱い終了商品について。

SCH-G35
熱伝導グリス
メーカ:サンハヤト
型番:SCH-G35
販売終了

当時の記事→コチラ

GH-01
グリス用へら
メーカ:Ainex
型番:GH-01
販売終了

当時の記事→コチラ

AS-CLN
グリス除去剤
メーカ:Ainex
型番:AS-CLN
販売終了

当時の記事→コチラ


当時の記事ってのがほとんど同じ記事でした。

担当:楠原

siliconhouse at 15:46|PermalinkTrackBack(0)

2009年08月02日

PC自作とシリコンハウス 第16回

今回は「意外にお得だった」商品のご紹介。

H-UL


ピン配列変換・延長ケーブル
メーカ:カモン
型番:H-UL
価格:¥180-
ケーブル長:約10cm






この商品を使うのはこんな場所。
マザー上1マザー上2
マザーボード上にはこんな風にヘッダピンが立っている所があって、組み立ての過程でここにコネクタを差し込むことでUSB入出力を外部へ引っ張り出したり、ケースのアクセスランプの電源だったりと色々な役割を持っています。

当然このヘッダピンの周りにも色んなコネクタがあって、マザーボード上は沢山のケーブルが這い回っていたりします。
そんな中でケーブルを挿す順番によっては、いざこのヘッダピンにコネクタを挿そうという段階になったときに指が入らないとか色々困ったこともあるわけです。

長くなりましたが、そんな時に便利なのが冒頭でご紹介した延長ケーブルだったりするわけです。
あらかじめ挿しておいて後々に楽をしましょう。
他にも、「ケース側のコネクタとマザーボード上のヘッダピンの配列が違う」といった場合に、配列を入れ替えるのに有効なケーブルです。


さて、そんな便利なケーブル。
袋から出してみるとこんな感じです。
8本入り
8本入っています。
そしてよく見ると、
先はいわゆるQIQIコネクタ
いわゆる当店取り扱いの「QIコネクタ」ですね。

となれば当然自作も可能。
作ってしまおう制作中
そんなわけでこのケーブルを作ってみたのだった。
ちなみにオス側には、正式対応はしてませんがEIコネクタのコンタクトピン「170429-1」を使用。

作った比較図
うむ、悪くない。

だが待ってほしい。
QIハウジング:¥15- x2個
オスメスコンタクトピン:各¥10- x2個
ケーブル:端材のため¥0-
1本あたり¥50-

H-ULのケーブル:¥180-で8本入り。1本あたり¥22.5-

おぃィ!
高くなってるじゃないか!

とはいえ、長さを自由に作れるのは自作の強み。
ですが「10cm程度で充分」という方には非常にお得なケーブルセットとなっております。

売場
4F売場にて。


担当:楠原

この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら http://www.siliconhouse.jp/blog/order.html

siliconhouse at 18:29|PermalinkTrackBack(0)

2009年03月18日

PC自作とシリコンハウス 第15回

怒涛の更新ラッシュ。
というほどでもないですけど、第15回です。

以前ご紹介しましたシリアルATAコネクタですが、なかなか好評でして、順調に店頭在庫数を減らし続けております。
やっぱり折ってしまう方が結構たくさんいるんでしょうね。

さて、そのシリアルATAですが、関連の便利アイテムが追加されましたのでご案内。

ペリフェラル4Pin-SATA15Pin電源
4pin電源-シリアルATA電源変換ケーブル
メーカ:カモン
型番:5-SE
価格:¥280-¥195-

値下げしました!

最近のPCの電源ですとシリアルATA用の電源も付いてます。
「じゃあ古い電源の人向けに置いてるの?」って言われるとそればかりでもないです。
私がそうなんですが、HDDを縦置きにしてたり、上下逆さまに置いたりしている人だと分かると思いますが、電源についてるケーブルのままだと、
「シリアルATAのプラグとソケットの向きが合わない!」
こんな事態もあり得ます。そんな時にこういう変換があると結構便利です。
本当はシリアルATAのプラグだけを置けばシリコンハウスらしいんでしょうけど、プラグだけってのはなかなか見つからないのです。
なので、どうしてもプラグだけ欲しい場合はこのケーブルから切り取ってください。


さて、こちらの商品も今回のストフェス当日タイムセール商材に入っています。
値段のネット公表はできませんが、店頭では公表してますので、気になる方はお店へゴー。

売場の様子。
売場1売場2
売場3


担当:楠原

この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら http://www.siliconhouse.jp/blog/order.html

siliconhouse at 14:53|PermalinkTrackBack(0)

2009年03月07日

PC自作とシリコンハウス 第14回

お待たせしました!

と第一声になりそうな程度には問い合わせの多かった商品が新入荷しました。

まずはこちらをご覧ください。
SATAソケット マザー上
シリアルATAコネクタ(SerialATA、SATA)
今や主流も主流。HDDはともかく、SSDくらいの高速デバイスになるともうIDE接続では通信速度が足りません。
てな感じで最近のマザーには当たり前のように付いてますが、モノによっては中のL字型の部分がよく「折れ」ます。怖いですねぇ、恐ろしいですねぇ。

というわけで今回入荷したのはこちら。
SATAソケット1SATAソケット2
7PinシリアルATAソケット
価格:¥90-

L型部分に穴が開いているのは初めてみましたが、確認したところ、それぞれのピンと導通がありました。何に使うのかはわかりません。側面の表記も不明です。製造年月日でしょうか。

ついでにこちらも新入荷。
SATA+電源ソケット1SATA+電源ソケット2
7pinシリアルATAソケット+15Pin電源ソケット

千鳥タイプ
sata2sata3

sata1

価格:¥150-

HDDやSSD、各種ドライブなどに付いてるほうのコネクタです。
どちらかというとマザー上の物よりコチラのほうが「折れ率」は高いようです。
ケーブルを挿したまま動かそうとするとコネクタ部から「ピキキ」と小さな音がするんですよね。心臓に悪いです。ケーブルを抜いてから作業をしましょう。
写真のように表面実装タイプのピンになっているものと、基板用の千鳥タイプのピンの2種類をご用意しております。

これまではHDDのSATAコネクタが折れた時は泣き寝入りだった方!
万が一コネクタを折ってしまった時はこのコネクタで復旧を目指してみてください。
大事な大事なデータを諦めるのはもったいない。


担当:楠原


<注意>
2012年7月現在、取り扱い中のSATAデータ7Pinソケットの色が記事と違います。
現在の取り扱い色はとなります。

sata

この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら http://www.siliconhouse.jp/blog/order.html


siliconhouse at 15:46|PermalinkTrackBack(0)

2009年02月26日

PC自作とシリコンハウス 第13回

今回もコネクタです。

便利な小物系と、メインとも言えるコネクタの2種をご案内。

まずはこちらから。
ジャンパその1ジャンパその2
マザーボード上のみならず、IDE接続のHDDなんかにもマスター・スレーブ設定で使われる「ジャンパ」です。
よく「ジャンパピン」という使い方をしているのを耳にしますが、正しくは「ジャンパソケット」だそうです。
「ピン」はそれを刺す側のほうですね。
まあ伝わればどちらでもいいです。

そしてもちろん当店でもジャンパソケットの取り扱いはあります。
KC01-001その1KC01-001その2
ノーブランド
型番:KC01-001 2.0B
価格:¥21- (100個パック:¥1,575-)

PC上ではあんまり使わないかもしれない2mmピッチピン用のソケットです。
ただ、PC上以外では結構ありえるんですよね。

KC01-005その1KC01-005その2
ノーブランド
型番:KC01-005 6B
価格:¥21- (100個パック:¥1,575-)

最も標準ぽい2.54mmピッチピン用のジャンパソケットです。
色んな場所に需要があるでしょう。一袋あればジャンパしまくったり、節分の豆の代わりに投げまくっても安心。

KC01-008その1KC01-008その2
ノーブランド
型番:KC01-008 13.5B
価格:¥31- (100個パック:¥2,325-)

この商品のウリはやはりツマミが付いていることでしょうね。
私自身、マザーボード上のジャンパソケットを抜く時はピンセットを使うことが多いんですが、できれば基盤上を金属物で触るなんてことはしたくないわけで・・・。
指で摘める幸せ。

XJ8A-0211その1XJ8A-0211その2
メーカ:OMRON
型番:XJ8A-0211
価格:¥31- (100個パック:¥2,520-)

安心のブランド品。少し割高ですが、質はしっかりしている感じです。

ジャンパソケットは最初に付いてる分だけってのがほとんどで、なくしてしまうと後で数が足りなくなる部品の一つです。
「最初についてる分を外すこともない」って人も多いでしょうが、写真のマザーはFSBの上限を切り替えるのにジャンパを付けたり外したり付けたり外したりで、なくしはしなかったもののドキドキ感はあったのでした。
数個確保しておくだけでも安心感は違うと思いますので是非どうぞ。


続いてのコネクタはこれ。
田コネ
いわゆる「田コネ」です。CPUの電源コネクタですね。まさにメインともいえるコネクタ。
これのピンが曲がった折れたってな事態は避けたいものですが、私みたいに電源がケースの下のほうにあったりすると、付属ケーブルで引っ張ると長さがギリギリでコネクタへの負担がもうアレなわけです。まあ延長ケーブルを使えばいいんですけど・・・。

そんなこんなで取り扱い商品はこちら。
5566-4A
メーカ:molex
型番:5566-4A
価格:¥63-

基板付けのニューミニフィット4Pソケットです。

5557-04R
メーカ:molex
型番:5557-04R
価格:¥42-
専用コンタクトピン:5556TL ¥21- (100個パック:¥1,890-)

こっちはケーブル側のニューミニフィット4Pリセプタクルです。

基板上のコネクタがもげたとか、ピンが曲がったとか、延長ケーブルを自作しようとか、そんなことがあれば使ってみてください。
上記ジャンパソケットと田コネは4Fにて。


さて、お気づきの方がいるかもわかりませんが、ページ左側のカテゴリ欄に「PC自作とシリコンハウス」を新設してみました。
店長の居ぬ間になんとやらです。
13回(実質14回)もやってるからいいですよね。もちろんまだ続けます。


担当:楠原

共立エレショップにも登録しましたので、通販ご希望の方は
ご利用ください。
モレックス ニューミニフィットシリーズ


siliconhouse at 16:32|PermalinkTrackBack(0)

2009年02月16日

PC自作とシリコンハウス 第12回

コネクタ編その2

今回は人知れず存在してた特価品をご紹介。


まずはこちらから。
PCIスロット
超メジャーなこのスロット。PCIスロットですね。
すぐ近くにPCI-Express×16スロットがあって、グラボの廃熱がPCI系ボードによくないから色々考えたりしたのに、PCIに挿すボードを何も買わないまま数年が経過したのは内緒です。

まあそんなこんなでPCIソケットの単品販売です。
PCIソケット1PCIソケット2
正直な話、PCIスロットが壊れたって話は聞いたことがないので需要についてはわかりません。というわけで特価品です。
品名:PCIソケット
型番:GS072B-12011
価格:¥100-


PCI系ボードをユニバーサル基板に載せようとか奇特な人はいないでしょうが、一応足はこんな感じになってます。
PCIソケット3
普通のユニバーサル基板には載りません。色々工夫してください。千鳥基板なら載るかもしれませんが、検証はしてません。


次はこちら。
AGPソケット1AGPソケット2
嗚呼、懐かしのAGPソケット・・・。
私の手持ちのマザーからは既に消えてしまったので写真はありませんが、いまだに現役な方も多いことでしょう。
最近はわかりませんが、少し前まではAGP版のグラボも普通に新製品として発売されてました。

AGPソケット3
こんな感じで自己主張の激しいソケットも特価で販売中です。
品名:AGPソケット
型番:PD78-12411
価格:¥100-


ついでなので、こちらのソケットの足なども。
AGPソケット4
こちらも一筋縄ではいかなさそうなピン配列です。


これらの懐かしいソケット達は4Fにて販売中です。
売場

担当:楠原

この商品がすぐ買えるシリコンハウスblog通販はこちら
http://www.siliconhouse.jp/blog/order.html

siliconhouse at 02:16|PermalinkTrackBack(0)

2009年02月09日

PC自作とシリコンハウス 第11回

このシリーズを書くのは何ヶ月ぶりでしょうか・・・。
さて、久々の更新ですが、今回からしばらく「コネクタ」についてやっていきたいと思ってます。
よく見かけるコネクタと同型の当店取り扱い品をご紹介する企画になってます。
コネクタが割れた!とか、ケーブルが抜けた!とか、そんな時にシリコンハウスでコネクタを探すぜ!って人が迷わない為の自己満足記事になっております。


まずはこちらから。
FDDケーブルメス側FDDケーブルオス側
最近は使う機会も減ってしまったフロッピーディスクドライブの電源コネクタです。
ドライブそのものを使う機会が少ないので、「コネクタのことを知っても・・・」って感じかもしれませんが、まあ著者の趣味も入ってるので生暖かく見守ってください。

使われているコネクタはコレ。
EIハウジングEIピン
メーカ:AMP
種類:EIコネクタ
型番(4Pリセプタクルハウジング):171822-4 価格:¥21-
型番(専用コンタクトピン):170204-1 価格:¥10-(100個で¥945-)

このコネクタは片面に出っ張りがあって、PC組み始めた頃、この出っ張りはなんだろうか?と。多分ポストのほうにスリットがあってそこにはめ込むんだ、と手探りで無理に押し込んだ過去があります。ポストにそんなスリットはありません。

そしてそのポストがこちら。
EI直ポストEI曲ポスト
メーカ:AMP
型番(4P直型ポスト):171825-4 価格:¥42-
型番(4P曲型ポスト):171826-4 価格:¥47-

今でもフロッピーが現役な人がケーブルを自作しようとするかどうかはわかりませんが、もし作りたい!と思ったら上記コネクタをお求めください。


続いてこちら。
FANコネクタメスFANコネクタオス
PC用によく使われる3ピンのFANコネクタです。
2ピンもあると思いますが、私が最近見ないので勝手に割愛です。

まずはこちらから。
5051-3FANソケット用ピン
メーカ:molex
型番(3Pリセプタクルハウジング):5051-3 価格:¥15-
型番(専用コンタクトピン):5159TL 価格:¥10-(100個で¥945-)


5045-3A5046-3A
メーカ:molex
型番(直型ポスト):5045-3A 価格:¥31-
型番(曲型ポスト):5046-3A 価格:¥42-


ついでによく見るプラグもご案内。
5240-31FANプラグ用ピン
メーカ:molex
型番(3Pプラグハウジング):5240-31 価格:¥21-
型番(専用コンタクトピン):5241TL 価格:¥10-(100個で¥945-)


静音を求めてくるとFANも決して安くないですからね。
コネクタから線抜けたとかトラブルがあったら自力で復活させると安上がりでいいんじゃないでしょうか。
FANコネクタ


担当:楠原

siliconhouse at 18:35|PermalinkTrackBack(0)

2008年03月28日

PC自作とシリコンハウス 第10回

前回からだいぶ開いてしまいましたが、ネタになりそうな商品が来たのでご案内。

リセットスイッチ
マザーボードのリセット端子に差し込んで使うチェック用プッシュスイッチです。
マザーボードをケースに入れず最小構成でのチェックをするときなどに便利です。
まあそれ以外にも使い道はたくさんあるんですが、スイッチ自体の電流容量はそれほど高くないのでご注意を。

メーカ:カモン
価格:¥150-(税込)


ちなみにケーブルの長さは50cmです。

このスイッチは発売中の「Interface 2008年5月号」付属FRマイコン基板の追加部品として指定されているリセットスイッチとして使えます。
検討されている方はぜひこのスイッチもご一緒にどうぞ。

3階と4階にて取り扱っております。


担当:楠原

siliconhouse at 00:00|PermalinkTrackBack(0)

2007年12月07日

PC自作とシリコンハウス 第9.5回

今年の春頃のことです。

暑くなる前にグリスの塗りなおしをしましょう!って話を書きました。→コチラ

もうだいぶ寒くなってしまいましたが、あの時の人気グリスの一つがちょっとだけ安くなってお求めやすくなりました。

AS-05
シルバーグリス
メーカ:Arctic Silver
型番:AS-05
使用温度範囲:-50℃〜130℃
熱伝導率:9.0W/m・K

気になるお値段:¥1,580- → ¥1,300-

業界の値段を見渡してちょっとだけ頑張ってみました。

慣らしの200時間を敬遠する方も多いですが、効果はなかなかのものだと思います。
価格改定の今、このグリスにチャレンジしてみては?
8800GTが熱いという話を聞きますので、クーラー付け替え時の塗りなおし用に是非!

担当:楠原

siliconhouse at 19:22|PermalinkTrackBack(0)

2007年09月30日

PC自作とシリコンハウス 第9回

一気に涼しくなったというか寒くなったというか、体調を崩しそうな気温の変化ですね。
今日も雨で肌寒いですが、更に涼しくしてしまいそうなアイテムのご紹介となります。

今回のアイテムはコチラ。
LED付きFAN1
LED付き80mmFAN (80x80x25mm)

メーカ:Arrow Micro
型番:AF-004
価格:¥630-


気になる性能は、
電源DC12V 0.13A
回転数:2400rpm
風量:29.77CFM
騒音レベル:26.5dBA
寿命:約30万時間


やはり一番のウリは価格でしょうか。
性能的にも有名PCパーツメーカ製と比べても遜色ないものです。
その性能でこの価格ならお買い得でしょう。
私のPCにも1個ついてます。

LED付きFANコネクタ部
コネクタ部は標準的な3ピンタイプでマザーボードでもFANコントローラーでもお好きなところへ接続できます。(ただしDC12V限定)

また付属品も豊富で、以下のものが付いています。
LED付きFAN付属変換ケーブルLED付きFAN付属ネジ
3ピンコネクタをペリフェラル4ピンに変換するケーブルも付属してますので、電源ユニットから直接繋いで動作させることもできます。このあたりは便利ですね。


よく聞く話で「ケース内で光らせても見えないのに何故LED付きを使うのか」という疑問があります。
こちらをご覧ください。
LED付きFAN2LED付きFAN3
結構高輝度なLEDが付いてるんですよね。
これくらいの明るさがあれば、ケース内をいじる時に結構便利。
自己満足の域を出ないのも確かではありますが。

これからますます涼しくなっていきますが、インテリアとしてPC内を彩ってみるのもいいのではないでしょうか。


担当:楠原

siliconhouse at 11:40|PermalinkTrackBack(0)

2007年07月24日

PC自作とシリコンハウス 第8回

暑いですね。夏ですね。
PCパーツ業界では22日に新CPUが発売され、著者も朝から並んで買ってきたわけですが、そんなことはどうでもいいですね。

さて、今回のアイテムはコチラ。
ヒートシンク正方形ヒートシンク長方形
純銅製ヒートシンク
メーカ:PC COOLER
型番(写真左):RHS-03
型番(写真右):MC-200
価格:どちらも¥120-(税込)


サイズ
RSH-03:14(L)X12(W)X5.5(H) (mm)
MC-200:22(L)X8(W)X5(H) (mm)


一般的に販売されているアルミ(熱伝導率約236W/m・K)製ヒートシンクに比べて遥かに高い熱伝導率(約390W/m・K)を備えています。
また、サイズが小型なのでビデオカードのメモリチップや、マザーボード上の小さな発熱体などにも非常に使いやすいです。

裏面は両面テープが付いているので買ってすぐにお使いいただけます。
ヒートシンク裏側

この商品を気に入っていただいた方の中に「メッキだったらどうしよう」と思った方がいないとも限りません。
そこでちょっと削ってみました。
削ってみました1削ってみました2
大丈夫、メッキじゃありません。

またこちらの商品はブリスタ入り8個パックでもご用意しております。
ヒートシンクパッケージ
純銅ヒートシンク8個パック
価格:どちらも¥800-(税込)

*注意*店頭のバラ売り品を8個集めていただいてもこのお値段にはなりません。
(パック品が品切れ時はバラ8個でもOKです)

私以外にもこのタイミングでPC組み換えをされる方もいるんじゃないかと思います。
ついでにチップクーラーを付け替えてみてもいいのではないでしょうか。
もちろん三端子レギュレータやFET、発熱の多いパワーLEDなど使い道は多彩です。
一度お試しあれ。


担当:楠原

siliconhouse at 15:04|PermalinkTrackBack(0)

2007年06月17日

PC自作とシリコンハウス 第7回

以前シリコングリスをご紹介しましたが、今回はその相方とも言うべき商品のご案内です。

AS-CLN
メーカ:Ainex
品名:2ステップグリスクリーナー
型番:AS-CLN
価格:¥1,480-(税込)


ご覧いただいておわかりのように2液タイプのグリス除去・洗浄剤です。

1液
1液はグリス除去剤となっており、まず最初に塗布されているグリスに染み込ませて溶かす役割を持っています。
溶かしたあとは拭き取ってください。

2液
その後2液で洗浄します。
2液は金属面の保護も同時に行います。
場合によっては1液>2液を数回行う必要があります。

粘性の低いシリコングリスであれば布などでふき取ればそれなりにはキレイになりますが、金属面の保護まではできません。
またふき残しがあると、再取り付けの際に熱抵抗が上がることがあります。
ヒートシンクを保管する時にもキレイな状態にしておきたいものです。

CPUやビデオカードのクーラー付け替え、グリス塗りなおしの際に前のグリスを残さないようにするのも冷却効率を上げるひとつのテクニックでしょう。
一度お試しください。


担当:楠原

siliconhouse at 11:23|PermalinkTrackBack(1)

2007年05月20日

PC自作とシリコンハウス 第6回

去年の夏Core2Duoが颯爽と登場し、PCパーツ業界も低消費電力を意識させる単語が多く飛び交うようになってきました。
パーツが登場するたびに雑誌では消費電力を比較するデータが出たり、発熱に関する話題がのぼったりで、自分のPCの現在の環境がどんなものか気になってたり、雑誌のデータと比較してみたいという方もいるのではないでしょうか?

そんな人にオススメのアイテムがこちら。
ワットチェッカー
ワットチェッカー
メーカ:計測技術研究所
型番:2000MS1
最大電流容量:15A
使用電圧:AC100〜115V
使用電源周波数:50/60Hz
測定頻度:1秒毎
価格:¥9,260-(税込)


<測定項目>
電圧(実行電圧)、電流(実行電流)、電力(有効電力)、皮相電力、電源周波数、力率、積算電力量、積算時間


ワットチェッカー裏
裏はこんな感じでプラグが出てますので、そのままコンセントに刺してください。
表面のコンセント部に使用される機器を接続すれば自動的に測定が開始されます。

電圧表示電流表示
電力表示
基板の穴開け用ドリルを測定してみました。
左上が電圧、右上が電流、左下が電力です。

PentiumDからCore2Duoに乗り換えて消費電力の下がった人、GF8800を載せて消費電力の跳ね上がった人、家のブレーカ容量ギリギリでPCを動かしてる人などなど。
家電の消費電力を測ってるだけでも楽しいです。
一家に一台ぜひどうぞ。


担当:楠原

siliconhouse at 19:18|PermalinkTrackBack(0)

2007年05月02日

PC自作とシリコンハウス 第5回

コア欠け。
とっても嫌な響きの単語です。

最近のIntelのCPUだとデスクトップ版は基本的にヒートスプレッダがついていてコア欠けの心配は無用ですが、まだまだコア欠けの心配をしなくてはいけないCPUもたくさんあります。

一部のCPUにおいてはコア欠け防止銅板なるものが出ているようですが、対応していないCPUだと自力でなんとかしなくてはいけないわけで・・・。

というわけで今回はシリコンハウスの「あるアイテム」を使ってコア欠け防止パッドを作ったお話です。

筆者はこんなCPUを使ったわけですが、
CPU
もちろんヒートスプレッダはありません。
銅板も対応したものがありません。

なのでコア欠け防止パッドを作ろうと思ったんですが、そのときに使ったのがこちら。
熱伝導シート2
絶縁シート
型番:COH-4000
サイズ:42*42*1
価格:¥462-
熱伝導率:6.5W/m・K
抵抗:57TΩ
伸び:220%
使用温度範囲:-40〜+200℃



このシートをコアのサイズに合わせてくりぬきます。
熱伝導シート1

CPUの上に載せた写真を撮り忘れてしまいましたが、コア周りの高さをほぼ均一にすることでヒートシンクの傾きを抑え、なおかつシートそのものに多少の粘着性があるので横ズレも防げます。
コアが熱を持つのは当然ですが基板の熱も結構なものですので、コア欠けを防止しつつ熱も逃がせるのは便利の一言です。

他にも伸びを抑えて抵抗値を上げたものもあります。
こちらは上記シートに比べて硬めなのでコア欠け防止シートとして向いてはいますが、少し熱伝導率が下がります。

コアむき出しのCPUを使ってる方は一度お試しあれ。
(今回の商品でコア欠けを100%防止することはできません。あくまでコア欠けする可能性を低くする、という認識でお使いください。)


担当:楠原

siliconhouse at 15:38|PermalinkTrackBack(0)

2007年04月14日

PC自作とシリコンハウス 第4回

そろそろ本格的に春モード突入といった感じの暖かさではありますが、自作PC使いな方の中には春の先にある季節を意識し始めるような陽気でもあるでしょう。

PCパーツにとって熱は敵。可能な限り1℃でも2℃でも冷やしておきたいものです。
というわけで今回は「シリコングリス」をご紹介します。



AK-100
メーカ:不明
型番:AK-100
容量:20g
使用温度範囲:-40℃〜200℃
価格:¥472-(税込)
熱伝導率:不明

とても「一般的」という表現の合うグリスです。
当店で扱っているグリスの中でも一番安価ですので、とにかくたくさん使うといった場合にお得なグリスです。


SCH-20
メーカ:サンハヤト
型番:SCH-20
容量:20g
使用温度範囲:-50℃〜200℃
価格:¥714-(税込)
熱伝導率:1.09W/m・K

サンハヤト製の人気グリスです。
自作PCをいじる人にも定番としてよく使われているようです。
とにかく入手性が高いので同じ環境を再現するのに向いています。


SCH-30
メーカ:サンハヤト
型番:SCH-30
容量:12g
使用温度範囲:-50℃〜300℃
価格:¥787-(税込)
熱伝導率:0.96W/m・K

サンハヤト製の耐熱シリコングリスです。
注射器状で少量ずつ使いやすくなっています。
SCH-20と比べて比較的高い温度まで使用できます。
発熱の大きい場所に向いています。


SCH-G35
メーカ:サンハヤト
型番:SCH-G35
容量:3g
使用温度範囲:-50℃〜120℃
価格:¥1344-(税込)
熱伝導率:3.5W/m・K

サンハヤト製の高伝導性シリコングリスです。
通常のシリコングリスに熱伝導性の高い粉末を混ぜています。
グリスは灰色で少し粘性が高くなっています。
熱センサなど熱をできるだけ正確に伝えたい場所に有効です。


SCV-22
メーカ:サンハヤト
型番:SCV-22
容量:20g
使用温度範囲:不明
価格:¥882-(税込)
熱伝導率:0.92W/m・K

サンハヤト製の硬化グリスです。
塗った後、20〜30分ほどで実用的な硬度になります。
適度な粘度を持ち作業性にすぐれています。
ご使用になられた後は、チューブの先までグリスを満たしてからフタを閉めてください。空気が入ったままだと固まります。


AS-05
メーカ:Arctic Silver(代ainex)
型番:AS-05
容量:3.5g
使用温度範囲:-50℃〜130℃
価格:¥1580-(税込)
熱伝導率:9.0W/m・K

自作PCでは人気の高いシルバーグリスです。
突出した熱伝導率を持ち、CPUやビデオカードなどさまざまな場所に使えます。
もちろんPC以外でも高性能グリスとして使用できます。
(Ainex社はCPUのみの使用を推奨しています。)
色はグレーで粘度は高めです。
使用時は「慣らし」に200時間ほど必要です。
個人的に超オススメです。

GH-01 グリスへら
メーカ:Ainex
型番:GH-01
価格:¥180-(税込)

こちらはグリスではありませんが、グリスを使用する際にとても役に立つアイテムです。
最近、グリスは小さく盛って圧力で延ばすというのが主流ですが、粘度の高いグリスや凹凸のある部品、圧力に弱い部品を扱うときなどはどうしても先にグリスを延ばしておく必要があるときもあるでしょう。そんなときに便利なアイテムです。
一度入手してしまえばそう簡単に壊れるアイテムでもないので是非1本お手元にどうぞ。



「熱の心配など気が早い」と言うなかれ。
暑くなってから部屋の中でグリスの塗りなおしをするなど考えたくもありません。
まだ涼しいうちにグリスを塗りなおして夏には快適なPCライフを。

担当:楠原

siliconhouse at 18:53|PermalinkTrackBack(0)

2007年03月31日

PC自作とシリコンハウス 第3回

不定期すぎて忘れ去られている予感がしますが第3回です。

私がPC内部をいじくった時の話ですが、配線終わってケース閉めて電源ON!
すると内部から「カカカカカカカカカカカカカカカ」とすさまじい音が響きました。

ケーブルがFANと干渉して弾かれまくってたわけですが、当時の私は配線のほうをなんとかしようと必死でこのアイテムを使うことを忘れていたのです。

というわけで今回のアイテムはコチラ。
ファンガード
FANガード
40mm:FG-040 ¥136-
60mm:FG-060 ¥147-
80mm:FG-080 ¥168-
90mm:FG-090 ¥168-
120mm:FG-120 ¥178-


ノーブランド品ですが、価格はかなりお安いのではないかと思います。
それほどこだわらない方であればこれでも十分ですね。


もちろんコチラもご用意しております。
ファンフィルタ
FANフィルタ
40mm:PFG-040 ¥231-
60mm:PFG-060 ¥262-
80mm:PFG-080 ¥304-
90mm:PFG-090 ¥336-
120mm:PFG-120 ¥357-


フィルタを付けることでFANの寿命を延ばすことができます。
付けておいて損をするということもないでしょう。オススメ商品です。


これから少しずつ気温が高くなっていきます。
FANの活躍の場が増えてくると思われます。
何気ないアイテムですが是非ご活用ください。


担当:楠原


通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
ファンガード
ファンフィルタ

siliconhouse at 18:35|PermalinkTrackBack(0)

2007年01月19日

PC自作とシリコンハウス 第2回

最近では使わない製品などもありますが、PC自作においては「小さくて失くしやすい」部品の筆頭はコレではないでしょうか。

ネジ。

まあ付属ネジは基本的には多めに入っていて必要になることは少ないかもしれませんが、新商品が入荷してますのでご紹介させていただきます。


HDD用インチネジ
メーカ:AINEX(アイネックス)
型番:PB-024
価格:¥210-(6個入り)

HDD用インチネジの6個入りパックです。もちろんHDD以外にもお使いいただけます。
シリコンハウスには今までなかったインチネジとしても貴重な商品だと思います。

ハンドルネジ・インチ
メーカ:AINEX(アイネックス)
型番:PB-031
価格:¥300-(6個入り)

PCケースのサイドカバーなどの固定に使われることの多い手回しネジの6個パックです。
このネジに関しては多めに付属していることも少なく、なくしてしまうと困るネジではあります。ちなみにインチネジです。

ハンドルネジ・ミリ
メーカ:AINEX(アイネックス)
型番:PB-034
価格:¥300-(6個入り)

こちらはミリネジの手回しタイプの6個パックです。基板の仮止めなどすぐに取り外すような場所に使うと便利ですね。


PC系小物メーカとしては有名なAINEXの商品3種、もしネジを失くしてお困りの際はぜひシリコンハウスまで。

担当:楠原

siliconhouse at 14:50|PermalinkTrackBack(0)

2006年12月02日

PC自作とシリコンハウス 第1回

最近よくマザーボードのコンデンサ交換の為に低ESR電解コンデンサをお買い上げのお客様を見かけます。
PCパーツショップの袋を提げたお客様を見ることも多いです。

そんなジサカーな方々にオススメの一品を不定期連載にてお伝えしていこうと思います。
とは言っても、ビデオカードなどをご紹介するというわけではなく、あくまでシリコンハウスとして皆様に便利なアイテムをご案内する連載企画です。
なお著者の趣味も多分に加味されますのでご了承ください。


第1回のアイテムはコチラ。

電脳用体温計「コンピュナース」
コンピュナース1

価格:¥785-
測定レンジ:0℃〜90℃
測定幅:0.1℃
測定サイクル:3秒毎
サイズ:48mm*28.6mm*14mm

約1mのケーブルの先にサーミスタの付いたごくシンプルなデザインの温度計です。
ヒートシンクやPC内部の温度測定に最適なアイテムです。

コンピュナース2

LR44ボタン電池が付属していてすぐにお使いいただけます。
サーミスタ部分の固定には耐熱テープ、熱伝導両面テープなどをお使いください。

担当:楠原

siliconhouse at 20:22|PermalinkTrackBack(0)