無接点給電 を含む記事

2015年08月13日

話題独占!?ちょっとオシャレな夏休みの工作

そんなこんなで昨日法事に行ってきた訳なんですが。
せっかく親戚が集まるんだからという事で、以前からの約束通り小学六年生の甥っ子の夏休みの工作を手伝ってきました。
『手伝う』と言ってもネタ提供から丸投げの状態だったんですが、まぁ親戚の大人に頼るのも書籍を参考にするのも同じようなものなので、一応私もこういう仕事をしておりますから、オッチャンちょっと本気出してみた次第でございます。

当初は最近流行の『無接点給電ボトルLED』で行こうと思ったんですが、どうも教室ではコンセントが確保できないという事で、乾電池で光るボトルLEDを考えて見ました。
それがこちら。

オッチャン本気で考えた

ボトルLEDの欠点は電源線が見えてしまうこと。
ボトルからコンセントや電池BOXへつながる電線が見えているのが不細工に思えます。
と言う訳で、それが見えないようにしてみました。

使用した材料はコレだけ。

主な使用部品

静電容量式のタッチスイッチ『KP-Tch1-W』と電球色の乾電池式LEDワイヤー、リレー『G6K-2P 4.5V』、あとLEDワイヤー用の抵抗とリレー用の小信号用ダイオード。
これ以外に電池BOXが必要になりますが、電池BOXは使用する瓶の口の大きさによって変わるので写真には載せてません。
今回は広口(口径約8cm)の瓶が見つかりましたので単四×3本の電池BOXを使用しました。

これらの部品を下図の様に配線します。

ザクッと書いた実態配線図

はんだ付け箇所はわずか12箇所。
その分細かい作業になるので集中力と器用さが必要となります。

実際に甥っ子がはんだ付けしたのが下の写真。

配線は少し手伝いましたがハンダ付けは甥っ子がやりました

配線がまとまる所はやはりハンダがダマになってたりしますが、この日初めてハンダゴテを握ったにしては上手くハンダ付けできていると思います。

これらを瓶のふたの裏に押し込んで外から見えないようにします。

フタによっては両面テープで固定する必要もこのフタはピッタリ部品が収まった

タッチスイッチの感知面をふたの裏側に密着させる事により、フタを触るとLEDワイヤーが点灯したり消灯したりさせることが出来ます。
完成図はこんな感じ。

下から覗かないと部品が見えない

これでフタを触るとLEDワイヤーがON/OFFします。
ただし、フタを間に挟んでいるため、指先で触った程度では反応しません。
フタの厚みにも因りますが、今回使った瓶のふたでは手のひらで触らないと反応しませんでした。
また、金属のフタを使う場合はフタ全体がスイッチになってしまい、ふちを触っても反応してしまう敏感な瓶になってしまうので注意が必要です。

では実際にON/OFFしている所を見ていただきましょう。



スイッチをON/OFFしているのがうちの甥っ子です。
甥っ子家族にもなかなか好評の工作でした。
学校から持って返ってきた後も実用品として使えるのもこの工作の良い所でございます。

なお、製作時間は延べ1時間少し。私自身が試作を作ったときは20分程度で作れましたので、それほど難しい作業ではありません。
店頭にも試作で作ったものを用意してございます。

試作1号機

興味のある方は触ってみてくださいませ。
なお、一般的な瓶の口は穴径6cmほどでして、この大きさの場合単四×3本の電池BOXを収める事ができません。
口の狭い瓶を使うときは電池を単5サイズにするなど工夫が必要になりますので、もしこの工作をする際は瓶を決めてから材料を選んでくださいませ。

と言う訳で。
電子部品屋のオッチャンがちょっと本気出して考えた小学生向けの電子工作。
見た目にもオシャレなんでクラスの女子から『私にも作って〜』とかなんとかフラグが立つかもしれませんよw

・共立プロダクツ タッチスイッチ KP-Tch1-W ¥918-
・電池式LEDワイヤー 電球色 ¥980-
・OMRON リレー G6K-2P 4.5V ¥565-
・抵抗(値は電池式LEDワイヤーの電池BOXに入っているものに合わせる) ¥5〜10-
・小信号用ダイオード ¥15-程度
・電池BOX(使用する瓶のふたの大きさに合わせて選ぶ) ¥100-前後

<記事:伊東>

siliconhouse at 14:48|PermalinkTrackBack(0)

2015年07月23日

動画で見ると不思議さもひとしお

先日紹介いたしました『無接点給電ボトルLED部品セット』。
その紹介動画を作ってみました。

台座から動かすと暗くなったり消えたりする不思議な様子をご覧くださいませ。



送信側から距離をとると光るLEDが赤だけになるなど、受信側に到達する電圧が低くなっていることが視覚的に判ります。
ご家庭で遊ぶなら、普段は台座から少しずらして置いておき、光らせたいときだけコイルの位置を合わせるとかすれば、不思議で便利な照明が出来上がります。

応用編として、点滅しない電池式LEDワイヤーの白や電球色を使って普通の照明の様にすることもできます。
この場合LEDワイヤーの色によって入れる抵抗の値が変りますので、電池BOXの中に入っている抵抗の値をよく読んで抵抗を選んでください。
 →電池BOXを利用して製作する例

と言う訳で。
夏休みの工作から手芸的なお洒落工作までいろんな人に簡単に楽しんでもらえる『無接点給電ボトルLED部品セット』。
簡単に作れるわりに見る人を楽しませることができる、コスパの高い工作部品セットでございます。

つくり方の説明書も張り出してます

・無接点給電ボトルLED部品セット ¥3900-

<記事:伊東>

通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
無接点給電ボトルLED部品セット / POW01141B-SET

siliconhouse at 19:52|PermalinkTrackBack(0)

2015年07月21日

簡単に作れるボトルLEDセット

半分くらいネタで作ってみた記事を上げた『無接点給電ボトルLED』。
思いのほか反響が有りまして、先月末に行なわれましたメイカーズバザールにも部品セットを出品したところそこそこ売れまして、店頭に飾っているデモ品を見て部品を集める人も結構いらっしゃいました。

そんな中、もっと簡単に作れるキット的なモノを出す予定はないかと言う問い合わせも幾つか頂きました。
確かにそれほど加工が難しくないとは言え、部品集めから自分でやるとなると面倒に思えるのも人情。
私も楽をするのは大好きなのでよく解ります。

と言う訳で本日は。
ご要望にお答えして作っちゃいました部品セットの紹介でございます。

部品セット作っちゃいました

『無接点給電ボトルLED部品セット』でございます。
まぁそのままのネーミングでございます。

名前の通り他に部品の買い足しをせずとも出来上がるように致しました。

部品一覧

電池BOXを取り払ったLEDワイヤーに無接点充電モジュール『POW01141B』はもちろん、ACアダプタにコネクタ類まで一式セットにしております。
もっとも、器になるジャーボトルに関しては好みが分かれると思いますので別売りとしております。
無接点充電モジュールのコイルを入れるのに口の大きさは40mm以上必要になりますので、口の広いビンをご用意の上製作に当たってください。

今回の部品セットは今までハンダゴテを握ったことのない方、例えば手芸を趣味にしている女性にも簡単に作っていただけるよう、配線の接続に『スコッチロックUエレメントコネクタ』を採用しました。

便利なスコッチロックコネクタ

このスコッチロックUエレメントコネクタは配線材の被覆を剥かずにコネクタに挿入し、プライヤーやペンチで突起部を凹ませるだけで接続できる便利なコネクタでございます。
このコネクタを使えばハンダ付けする必要が無く、安全で確実に接続できるので初心者の方でも安心です。
まぁはんだ付けするよりも接続部分が大きくはなりますが、住友3MのスコッチロックUエレメントコネクタは見た目もビーズっぽく綺麗なので気にならないかと思います。

ACアダプタに接続するコネクタもネジ留め式を採用したので、最初から最後までハンダいらずで加工をする事ができます。

こっちはネジ留めだけで完成

必要な工具はドライバーとハサミかニッパー、プライヤーかペンチだけ。
どれもだいたい家庭にあるものでございます。

組み上がった状態はこんな感じ。

作るのも簡単そうな完成写真

LEDワイヤーと無接点充電モジュールの間にはLEDワイヤーに負担がかかりすぎないよう抵抗を入れてます。
この抵抗、やっぱり熱を持ちますんで、耐熱チューブで保護しております。
Uエレメントコネクタの近くに有る白い筒がその耐熱チューブでございます。

点灯中は結構熱くなります

まぁこんな感じで製作時間は20〜30分くらいでしょうか。ホントに簡単に製作ができます。

配線の圧接も3箇所だけ。超簡単。

先ほども書きましたが、残念ながらジャーボトルは別売りです。
入れ物だけはお客様でご用意いただきまして、完成させてくださいませ。

ボトルも色々ありますから

お子様でも簡単に作れますので、夏休みの工作でコレを提出したらかなり受けがいいと思いますよ。

気になるお値段は3900円。
カラーで印刷した作り方の解説も入ってこのお値段。
普通に部品だけ集めてもこのくらいの金額になってきますので、せっかくでしたらこの部品セットを買った方がお得でございます。
簡単で魅力的な『無接点給電ボトルLED』。
見る人に幻想的な印象を与えるだけでなく不思議がらせることも出来ますので、お部屋のオブジェから夏休みの工作まで幅広くおススメいたします。

つくり方の説明書も張り出してます

・無接点給電ボトルLED部品セット ¥3900-

<記事:伊東>

通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
無接点給電ボトルLED部品セット / POW01141B-SET

siliconhouse at 19:30|PermalinkTrackBack(0)

2015年06月21日

不思議にステキ!電線の無いボトルLEDアート

最近空きビンにLEDを入れて光らせる装飾を作るのが一部で流行っているんだそうで。
一部では『ボトルLED』と言う名前で広がりつつあるこの自作オブジェ。
早速真似して作ってみました。

これだけでも充分ステキなんですけどね

お酒の空きビンやメイソンジャーなどに粒状のLED、クリスマスツリーなどの電飾に使う様なヤツですね。それを適当に突っ込むだけでなんだかお洒落なオブジェが出来てしまうと言う、お手軽なのに出来上がりは結構良い感じの工作でございます。

で、実際に飾って見て思ったんですが。
ビンの中に入っているのはLEDですから、当然電気の供給が必要です。
つまりそのままでは電気を供給する電線がビンから伸びてくる訳です。
もちろん乾電池で光らせると言う手もありますが、ビンの内部で全てを完結させようと思うとビンの中に電池を入れる必要が有りまして、電源のON/OFFや電池交換など手間の掛かるオブジェになってしまいます。

何とかコレをすっきりさせる方法は無いものだろうか。

と言う訳で、やってみた。

使用するのはこれ↓。

不思議な電子工作といえばコレ

以前も紹介したことがありますseeedの無接点充電モジュール『POW01141B』。
コイル同志の電磁誘導で離れた場所に電気を送ることができるモジュールでございます。
これの受信側をLEDの電源としてビンの中に仕込み、外側から電気を供給しようと、そういった試みでございます。

使用するLEDは電池式LEDワイヤー

5Vで光るLEDならだいたい使えます(電流注意!)

何色でもできるのですが、今回は色を変えながら点滅する『RGB点滅』タイプを使うことにしました。
今回使う無接点充電モジュールは入力はDC12Vなのですが、出力がDC5Vになるため、乾電池3本、定格電圧4.5Vで点灯する電池式LEDワイヤーを選びました。

まずは下準備としてジャマな電池BOXを取り除きます。

配線を傷つけないように破壊する

簡単に言うと壊してバラします。
キレイにバラすのは難しかったため、ニッパーで切りつつ壊しつつ何とか配線部分を取り出しました。

次に電池用の金具は使わないので取り除き、無接点充電モジュールの受信側を配線同士はんだ付けします。

結線部分は収縮チューブ等で保護しておくと安全です

今回は判りやすいように透明の収縮チューブで保護しましたが、目立たなくするために白や黒など、色付きの収縮チューブで保護してもOKです。
本来DC4.5Vで光らせるところにDC5V突っ込む事になりますので、抵抗は取り外さずにそのままお使いください。

抵抗の足とモジュールの電線をはんだ付け

まぁ本来ならちゃんと計算して適切な値の抵抗に取り替えた方が良いのでしょうけど、店頭での実験ではDC5Vで点灯させ続けても問題が無い事が判っているのでそのままにしてます。

はい、加工はこれで終了。
はんだ付けが終わったら送信側に電源を繋いでちゃんと点灯するか確かめてください。

確認は大事です

プラスとマイナスを間違えていないか、送信と受信を間違えていないか、はんだ付けはちゃんと出来ているかなど、点灯しない場合はその辺りを確認してみて下さい。

ちゃんと光ることが確認できたら、ビンに詰めます。

コイルを固定してからLEDワイヤーを適当に入れました

どこから給電するかでコイルを固定する場所が変わるのですが、まぁビンの底に取り付けるのが最も簡単ではないかと思います。
ビンの中のコイルが動くと送信側のコイルとの距離が離れてしまい、上手く給電できなくなるので今回は薄い両面テープで固定しました。

コイルに綿などをかぶせて隠すという手もあります

送信側はビンを置く台の裏側に設置しました。

両面テープとセロハンテープで固定しました

今回良い台が見つからなかったので商品が入っていた白箱を再利用しました。エコです。
あまり分厚い素材の台などに仕込むとコイル同士の距離が離れてしまうため、上手く給電できなくなりますのでご注意ください。
送信側のコイルも外れてしまわないようしっかりと固定して下さい。

なお、今回は設置場所が↓壁面の予定でしたので、土台がしっかりするよう厚紙の箱にしましたが、
デモなんで透明ケースでも良かったかも。
テーブルの上や家具の天板などに設置する場合はランチョンマットなどで送信側を隠してしまえば台などに固定する必要は有りません。

台の上にビンを乗せればこの通り。

無事設置完了です。

キレイに光りました。
ビンを少し持ち上げればLEDも消灯します。

距離によって微妙に光り方が変ります

仕掛けを知らないと結構不思議に思われますよ。

最後にもう一つ注意点を。
送信側を設置する台の素材はコイル同士の距離を近くするために薄いに越した事はないのですが、金属を使うと給電が上手く行かなくなりますのでご注意ください。

金属板がシールドになってます

上の写真はビンと台の間に1mm厚の鉄板を挟んだ状態です。
たった1mm挟んだだけで受信できる電力が著しく低下するため、もっとも低い電圧で光る赤色が弱弱しく光るだけになりました。

と言う訳で。
簡単でオシャレな『ボトルLED』に一手間加えて更にステキにする無接点給電化工作。
工作時間は30分ほど。それも主に電池BOXをバラす作業ですので、難易度も低めなので普段は手芸しかしない人にもオススメでございます。

知らずに見るとホント不思議ですよ

・seeed 無接点充電モジュール POW01141B ¥1450- ※価格改定しました
・電池式LEDワイヤー RGB点滅 ¥1296-

<記事:伊東>

通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!
無接点給電ボトルLED部品セット / POW01141B-SET

siliconhouse at 17:00|PermalinkTrackBack(0)